日本は2020年5月を景気後退の終焉と宣言する

政府は、2018年11月に始まった国の景気後退が2020年5月に終わったことを認める予定である、と情報筋は日曜日に言った。

この認識は、19ヶ月の景気後退の後、2020年6月に経済が回復し始めたことを意味します。

内閣府は火曜日に内閣府に助言する専門家委員会が会合した後、承認を発表する予定であると情報筋は述べた。

国の最初のCOVID-19非常事態は、2020年5月に実施され、個人消費と工業生産を削減しました。 経済はその年の4月から6月に年率28.2%で縮小し、第二次世界大戦後の歴史の中で最悪でした。

前回の景気後退は2012年4月から8か月続き、戦後2番目に短かった。 最長は1980年3月から1983年2月までの36ヶ月でした。

内閣府からの承認は、経済が現在回復していることを意味します。 しかし、経済は依然としてCOVID-19の影響に苦しんでおり、2021年1月から3月、そして7月から9月にマイナス成長を記録しました。

誤った情報とあまりにも多くの情報の瞬間に、 質の高いジャーナリズムはこれまで以上に重要です。
購読することで、あなたは私たちが物語を正しく理解するのを助けることができます。

今すぐ購読する

フォトギャラリー(クリックして拡大)

。日本は2020年5月を景気後退の終焉と宣言する

Source#日本は2020年5月を景気後退の終焉と宣言する

Leave a Comment