日本は補助金スキャンダルで刑事告発を行う可能性があります

観光庁は、観光振興補助金を不正に受け取った疑いのある主要な旅行代理店HISの子会社2社に対して刑事告発を行う可能性があると当局者は火曜日に述べた。

斉藤鉄夫観光相は記者会見で、「捜査当局と適切に協力し、刑事告訴を検討する」と述べた。

来年初めに国内観光振興キャンペーンの再開を目指す政府は、不正に資金援助を受けたとされる企業に対して厳しい態度を示し、同様の事件の再発を防ごうとしているようだ。 道。

Go To Travelキャンペーンを運営する代理店は、HIS子会社が不正に受け取ったお金を返還することを迅速に要求する予定です。

齋藤氏はまた、政府が2つの部隊を十分に監督していないとしてHISを非難したことを明らかにした。

齋藤氏によると、税金を使った補助金を不正に受け取ることは、起こってはならないことであり、非常に残念なことだという。

親会社に対し、スキャンダルの詳細を明らかにし、再発防止策を講じるよう命じた。 HISは来年初めに予防策について報告する予定です。

火曜日、HISは、澤田秀雄社長兼最高経営責任者(CEO)がスキャンダルのために3か月間月給を75%削減すると発表した。 他の2人の会社幹部も制裁を受けることになります。

HISの2つの子会社の1つであるMikiTourist Co.の社長は解任され、もう1つのユニットであるJapan Holiday TravelCo。の社長は降格されます。

オンライン記者会見で澤田は謝罪した。 「私は自分の経営の失敗に責任があると感じている」と彼は言った。

同日、不祥事により同社の純収支が3億9500万円減少し、10月までの通年の純損失は過去最高の500億円となったと報じた。

HISが任命した第三者委員会によると、両ユニットは最大683万円の資金援助を不正に受けた疑いがあり、ホテル運営会社のJHAT社が関与している。

代理店によると、HISとJHATの2つの子会社が総額11億円以上の助成金を申請した。 企業から提出された約60,000滞在の虚偽の助成金申請を特定し、違法に受け取った実際の金額を計算します。

代理店は、再開しても3社がGo ToTravelプログラムに参加することを許可しない予定です。

誤った情報とあまりにも多くの情報の瞬間に、 質の高いジャーナリズムはこれまで以上に重要です。
購読することで、あなたは私たちが物語を正しく理解するのを助けることができます。

今すぐ購読する

フォトギャラリー(クリックして拡大)

。日本は補助金スキャンダルで刑事告発を行う可能性があります

Source#日本は補助金スキャンダルで刑事告発を行う可能性があります

Leave a Comment