日本は海外旅行者の入国上限を2倍にすることを検討しており、到着時のPCR検査を間もなく放棄する

テストの免除は、出発国に基づいて行われます

3月の初め、日本は1日あたり5,000人の海外からの入国を制限していました。 その後、その数は2倍になり、来月はさらに増える可能性があります。

全国放送NHKによると、日本政府は検討中 6月から1日あたりの入場制限を2万人に引き上げる。 計画の最終承認は、先月行われた日本のゴールデンウィーク休暇期間中に発生したコロナウイルス感染の新しい症例の好意的な分析に依存しているようですが、最後のロンドンでのスピーチ中の岸田文雄首相のコメントと一致します今週、彼は日本の入国規制を今年の夏の初めに他のG7諸国の規制に近づけることを望んでいると述べた。

日本の空港への入国審査で1日1万人が増えると、パンデミックプロトコル施設に突然の負担がかかります。 現在、日本への入国者は、上陸後、一般大衆に向かう前にPCRテストを受ける必要がありますが、 出発前に感染が陰性であり、出発国で他の公衆衛生基準が満たされている場合、特定の指定国からの旅行者の到着時PCRテストに1日2万人の参加者がバンドルされると予想されます。日本への道

提案された追加の10,000の入国手当が、ビジネスおよび学術旅行者向けか、観光客向けかについては、何も発表されていません。 いずれにせよ、増加は、最終的に日本のレジャー旅行への完全な再開に向けた方向への一歩となるでしょう。

出典:NHK
上の画像:パクタソ
●SoraNews24の最新記事が公開されたらすぐに聞きたいですか? Facebookでフォローして ツイッター

日本は海外旅行者の入国上限を2倍にすることを検討しており、到着時のPCR検査を間もなく放棄する
Source#日本は海外旅行者の入国上限を2倍にすることを検討しており到着時のPCR検査を間もなく放棄する

Leave a Comment