日本は海外からの到着の検疫期間を10日に短縮する

日本は金曜日に、国内に到着する旅行者の検疫期間を、土曜日から始まる現在の14日から10日に短縮すると発表した。

外務省によると、コロナウイルスのオミクロン変異体の影響を強く受けた国から到着した日本の市民と居住者は、事実上世界のすべての国と地域を含み、新しい規則の下で入国する資格があります。 COVID-19の国境制限により、外国人の新規入国は事実上禁止されています。

この動きは、政府がCOVID-19患者の密接な接触の検疫期間を14日から10日に短縮した後に起こります。

国立感染症研究所によると、オミクロン変異体の潜伏期間は約3日で、他の変異体よりも短く、症状のある患者の99%が感染から10日以内に症状を発症しました。

誤った情報と多すぎる情報の両方の時代に、 質の高いジャーナリズムはこれまで以上に重要です。
購読することで、ストーリーをよく理解するのに役立ちます。

今すぐ購読する

フォトギャラリー(クリックして拡大)

。日本は海外からの到着の検疫期間を10日に短縮する

Source#日本は海外からの到着の検疫期間を10日に短縮する

Leave a Comment