日本は戦争の恐れの中でウクライナとロシアとの外交を強化する

日本は火曜日にウクライナとロシアに、モスクワが東欧諸国に侵入するかもしれないという恐れの中で、外交は彼らのエスカレートする危機を和らげるための道であると語った。

岸田文雄首相は、ウクライナのウォロディミル・ゼレンスキー大統領と電話で、ウクライナの主権と領土保全に対する日本の支持を強調し、彼の国は現状を変えるための力の行使に反対していると述べた。

これとは別に、林芳正外相はオンライン会議でロシア経済開発相のマクシム・レシェトニコフ氏に、外務省によると、モスクワは混乱に対する外交的解決策を追求すべきだと語った。

ロシアがウクライナに侵攻した場合、日本が制裁の脅威をぶら下げ、7つの先進工業国のグループの他のメンバーと協力して、外交の激怒が起こりました。 ロシアは、一部の軍事ユニットがウクライナ近郊での演習から復帰し始めたと述べた。

岸田文雄氏は、「ロシアが軍事力を行使したり、侵略を開始したりした場合、G7や他の国々と協力して、制裁を含む適切な措置を講じる必要がある」と述べた。

同時に、岸田文雄氏とゼレンスキー氏は、「緊張を和らげるために、粘り強い外交努力が必要だ」と述べた。

同省は首相が、日本は現在の状況に対するウクライナの「抑制された」アプローチを高く評価していると述べたと述べた。

ウクライナを自由や民主主義などの基本的価値観を共有する重要なパートナーと呼び、キエフの要請に応じて、日本は国を支援するために1億ドル以上の融資を行う準備ができていると述べた。

約30分間続いた彼らの会談は、米国とフランスやドイツなどの主要なヨーロッパ諸国が状況のさらなる悪化を防ぐために外交を強化しているときに行われた。

岸田文雄はまた、欧州委員会委員長のウルズラ・フォン・デア・ライエンと電話で話し、深刻な懸念を共有した危機への対応における緊密な調整を確認した。

日本の省によると、首脳はウクライナの主権と領土保全を確保するための彼らの支持を表明した。

G7加盟国(英国、カナダ、フランス、ドイツ、イタリア、日本、米国)は、侵略の際にロシアに「大規模な」経済的影響を与える制裁を脅かしています。

日本の制裁には、ロシアへのハイテク製品やその他の製品の輸出を制限することや、ロシア大統領に関連する企業や個人が保有する資産を凍結することが含まれる可能性がある、と政府筋は述べた。

ウクライナとロシアの状況は、ロシアの天然ガスに依存しているヨーロッパ諸国とのエネルギー供給に対する懸念を引き起こしました。

日本と欧州連合は、首脳間の20分間の電話での会話中にエネルギー安全保障を確保することに合意した。

欧州委員会の委員長であるEUの行政機関は、液化天然ガスの輸入の一部を欧州に転用するという日本の最近の決定に感謝の意を表した。 岸田文雄氏は、同盟国や志を同じくする国々との「連帯」を示すことを目的とした動きだと述べた。

ロシアのウラジーミルプチン大統領は、米国とヨーロッパの指導者との対話を維持してきました。 しかし、ロシアは集団安全保障機構である北大西洋条約機構がウクライナを含むように東方に拡大しないという保証を要求しているため、突破口の見通しは依然として不透明です。

日本政府は、月​​曜日の時点で同国にいることが確認された約130人の日本人を保護するために、ウクライナ西部の都市リヴィウに連絡事務所を設置しました。

政府の松野博一首相は、「事態を踏まえ、国民の安全確保に全力を尽くす」と述べた。

日本は、一群の小島をめぐるロシアとの領土問題が何十年にもわたって未解決のままであるため、独特で困難な立場にあることに気づきました。

岸信夫国防相は、ロシア海軍艦艇が日本海と日本近海で活動を拡大しており、ウクライナ周辺での軍事力増強の中でその能力を発揮しているようだと述べた。

過去の日本の指導者たちは、日本の北方領土とロシアの南千島列島として知られる島々の返還を求める声を強め、未解決の問題が東京のモスクワとの取引を複雑にしている。

2014年にロシアがクリミアを併合したとき、日本は米国や他のヨーロッパ諸国に加わり、ロシアに対して制裁を課しました。 しかし、批評家たちは、東京がとった措置の有効性とその測定されたアプローチについて疑問を投げかけた。

誤った情報と多すぎる情報の両方の時代に、 質の高いジャーナリズムはこれまで以上に重要です。
購読することで、あなたは私たちが物語を正しく理解するのを助けることができます。

今すぐ購読する

フォトギャラリー(クリックして拡大)

。日本は戦争の恐れの中でウクライナとロシアとの外交を強化する
Source#日本は戦争の恐れの中でウクライナとロシアとの外交を強化する

Leave a Comment