日本は引き続き市場の不安定性を警告し、設備投資に関する意見を表明

日本は、円が32年ぶりの安値に下落した後、政府が市場に繰り返し介入した後、火曜日に発表された月例経済報告で、市場のボラティリティに「十分な注意」を払うべきであるとの警告を繰り返した。

先週の円買い取引は記録的な 5 兆 5000 億円 (369 億 5000 万ドル) と見積もられ、月曜日に行われたとされる別の介入により、日本はエネルギー コストを急上昇させた通貨の下落を食い止めようとしてきました。

間違った情報と過剰な情報が混在する時代に、 質の高いジャーナリズムがこれまで以上に重要になっています。
購読することで、ストーリーをよく理解するのに役立ちます。

今すぐ登録

日本は引き続き市場の不安定性を警告し、設備投資に関する意見を表明

Source#日本は引き続き市場の不安定性を警告し設備投資に関する意見を表明

Leave a Comment