日本は尖閣諸島の外国占領を想定して11月に訓練を実施した

政府筋によると、11月に日本が南西部の離島で行った訓練は、日本が管理し、中国が主張する尖閣諸島を外国軍が占領したことを前提に行われた。

自衛隊、海上保安庁、警察を巻き込んだ訓練は、尖閣諸島を構成する島のひとつである魚釣島に似た土地の特徴を備えた長崎県の無人島で行われました。情報筋によると、東シナ海。 と言っています。

長崎県五島市津多羅島での2日間の訓練の後、政府は、この演習は、国の島嶼地域での緊急事態への日本の対応を改善することを目的としており、「島に向けられたものではなかった」と述べた。または国。」

尖閣諸島は、中国がディアオユと呼んでいる無人島のグループです。 小島をめぐる日中関係は悪化しており、北京は東京からの抗議にもかかわらず、沿岸警備隊を近くに頻繁に派遣している。

中国は近年、領土問題を拡大しており、日本は中国海上軍の軍隊による島の占領の可能性を懸念している。 表面上は漁師として活動しており、民兵のメンバーはある程度の軍事訓練を受けており、公式の中国船と一緒に活動しています。

関係者によると、この演習は、日本に対する本格的な軍事攻撃の前に停止する「灰色地帯」の状況に備えるために、自衛隊と沿岸警備隊を含む組織間の協力を強化することを目的としていた。

政府は、海岸の形と急な崖が魚釣島の特徴に似ているため、訓練にツタラを選択したと情報筋は語った。

参加者はヘリコプターとボートを使って着陸訓練を行い、陸上自衛隊の離島防衛部隊を含むさまざまな組織の役割と調整を検討したと彼らは述べた。

沖縄県那覇市に本拠を置く沿岸警備隊の第11地域本部と離島の保護を任務とする県警も演習に参加した。

日本では、沿岸警備隊と警察が土地と領海の安全を維持する責任を負っていますが、状況が悪化した場合は自衛隊が介入します。

内閣官房は11月22日、約400人が訓練に参加したと述べた。 事務局が自衛隊、沿岸警備隊、警察が参加した演習が行われていることを明らかにしたのは初めてだった。

誤った情報とあまりにも多くの情報の瞬間に、 質の高いジャーナリズムはこれまで以上に重要です。
購読することで、あなたは私たちが物語を正しく理解するのを助けることができます。

今すぐ購読する

フォトギャラリー(クリックして拡大)

。日本は尖閣諸島の外国占領を想定して11月に訓練を実施した

Source#日本は尖閣諸島の外国占領を想定して11月に訓練を実施した

Leave a Comment