日本は原子力をより有効に活用する必要がある、と公益事業グループの責任者は言う

日本は、電力価格の高騰に対抗するために、既存の原子力発電容量を最大限に活用する必要があると、国の公益事業グループの責任者は金曜日に述べた。

日本の電力会社連盟の池部和弘会長は記者会見で、ロシアのガス供給が途絶えた場合、世界の液化天然ガス(LNG)市場がさらに厳しくなる可能性があるため、原子力政策について真剣な議論が必要であると語った。 。

この記事を表示できませんか?

これは、広告ブロックまたはセキュリティソフトウェアとの競合が原因である可能性があります。

追加してください japantimes.co.jpピアノ.io 許可されたサイトのリストに。

これで問題が解決しない場合、またはドメインを許可リストに追加できない場合は、このサポートページを参照してください。

ご不便をおかけして申し訳ございません。

誤った情報と多すぎる情報の両方の時代に、 質の高いジャーナリズムはこれまで以上に重要です。
購読することで、あなたは私たちが物語を正しく理解するのを助けることができます。

今すぐ購読する

フォトギャラリー(クリックして拡大)

。日本は原子力をより有効に活用する必要がある、と公益事業グループの責任者は言う
Source#日本は原子力をより有効に活用する必要があると公益事業グループの責任者は言う

Leave a Comment