日本のCOVID-19ブースターワクチン接種キャンペーンが医療従事者と共に始まります

日本は水曜日に全国の医療従事者にCOVID-19ブースターワクチンの投与を開始しました。これは、世界中の科学者が調査しようとしているコロナウイルスの気になる新株であるオミクロン変異体の潜在的な影響に備えるためです。

目黒区東京州立医療センターの医師5名と看護師13名が水曜日の朝に3度目の打撃を受けた。 ワクチンを接種した荒木和博病院長は、予定通りに展開が始まったことに安心していると語った。

東京医科大学八王子医療センターや愛知県、埼玉県の一部の病院などの医療スタッフも3回目の予防接種を受けました。

埼玉県戸田市の公平病院に勤務する看護師の常井鳴海さん(32)は共同通信に、「第六波の可能性の中で、三度目の打撃を受けざるを得ない」と語った。

原則として、3回目の注射は2回目の注射から少なくとも8ヶ月後の18歳以上のすべての居住者に無料で与えられます。 これまで、Pfizer Inc.-BioNTechワクチンのみが認可されており、個人の最初のワクチンがPfizer、Moderna Inc.、またはAstraZenecaPLCのいずれによって製造されたかに関係なく投与できます。 政府は、Modernaのブースターワクチンも利用できるようにすることを目指しています。

水曜日に目黒パビリオンの東京医療センターでブースター注射のためのファイザーワクチン投与量| プール

一部の州知事は、一部の欧米諸国での慣行に沿って、2回目の投与後の待機期間を6か月に短縮する柔軟性を政府に与えるよう求めていますが、ワクチンの供給が不十分なため、政府は例外はクラスター感染の影響を受けた医療施設やナーシングホームの患者、居住者、労働者など、限られたケースで作成されます。

政府は、資格のあるすべての居住者がワクチンを接種すべきであると述べており、保健省は、高齢者や重度のCOVID-19症状を発症するリスクが高い病状のある人には追加免疫を強く推奨しています。 コロナウイルスにさらされるリスクが高い看護および医療従事者も、ブースターショットを取得することを強くお勧めします。

ブースターショットは、1月から高齢者をはじめ一般公開されます。 政府は当初、1年間のコロナウイルスワクチン接種プログラムを2月末に終了する予定でしたが、保健省は、以前にジャブをスキップすることを決定した適格な居住者は、9月30日までワクチンを受け取るためにワクチン接種チケットを使用できると言います。

日本は水曜日に、スパイクタンパク質に約30の変異がある「心配している変異体」であるオミクロン変異体の2番目の症例を確認しました。 国立感染症研究所は、南アフリカでパンデミックの現在の優勢株である超伝染性デルタ変異株を迅速に置き換えたという事実は、その伝染性についての懸念を引き起こし、現在利用可能なワクチンの有効性の大幅な低下を意味する可能性があると述べています。 。

しかし、BioNTechのCEOであるUgur Sahinは、彼のワクチンは、オミクロン変異体の深刻な病気に対して強力な防御を提供する可能性が高いと述べたと伝えられています。 研究によると、感染に対するCOVID-19ワクチンの有効性は半年間低下します。 専門家は、現在のワクチンは深刻な病気や死を減らすのに重要なままであると言います。

「2回接種ワクチンは重篤な病気、入院、死亡に対して90%以上の効果がありますが、日本のデータによると、ブレイクスルー感染の割合は6か月後に徐々に増加し始めます」と中山哲夫教授は述べています。北里生命科学研究所のプロジェクトであり、日本臨床ウイルス学会の理事。

ワクチンの有効性が低下する可能性があり、感染症の増加が懸念される中、ブースターショットを早く受ける人、特に2回目の注射を前に受けたリスクの高い高齢者やその他の人は6か月以上良いと彼は付け加えました。 。

水曜日、目黒区東京医療センターで医療従事者がブースターショットを受ける。  | プール
水曜日、目黒区東京医療センターで医療従事者がブースターショットを受ける。 | プール

誤った情報とあまりにも多くの情報の瞬間に、 質の高いジャーナリズムはこれまで以上に重要です。
購読することで、あなたは私たちが物語を正しく理解するのを助けることができます。

今すぐ購読する

フォトギャラリー(クリックして拡大)

。日本のCOVID-19ブースターワクチン接種キャンペーンが医療従事者と共に始まります

Source#日本のCOVID19ブースターワクチン接種キャンペーンが医療従事者と共に始まります

Leave a Comment