日本の駐車場で車の中で死体が見つかった、警察はそれが2年以上そこにあったかもしれないと言います

後部窓からは部分的にスケルトン化された遺物が見られた。

水曜日の夜、警察官は、 姥ケ山 の近所 新潟市。 彼らが盗まれた財産の犯人を見つけたかどうかは不明ですが、彼らが発見したのは ショッピングセンターの駐車場にある車内の死体

亡くなった男性が見えた 後部座席の足元に横たわっている 小型軽自動車の、そして、衝撃に加えて、 体は部分的に骨格化されており、男性の死からかなりの時間が経過したことを示しています。 しかし、新潟は日本の他の県庁所在地に比べて開発が進んでいませんが、下の動画にあるように、ショッピングセンターとその駐車場は依然として主要道路の近くにあり、ショッピングセンター自体は多くの顧客のトラフィックを目にしています。

車が最初に登場したとき、店員や施設のメンテナンススタッフは誰も思い出せませんでしたが、 捜査官はそれが2年半の間そこに座っていたかもしれないと信じています。 警察は車の所有者を次のように特定することができました 2019年11月に行方不明と報告された50代の新潟居住者。 車両を検索したところ、行方不明の男性のものであると判断できた財布やその他のアイテム、およびガソリンスタンドの領収書が多数見つかりました。最新のものは2019年10月のガソリン購入でした。

これは、男性が行方不明になったと報告された頃から車が動いていないことを示唆していますが、警察は彼が車の外にしばらく住んでいた可能性があるため、男性の死亡の時間枠と一致する場合と一致しない場合があります彼が亡くなる前の時間。 それでも、車は誰も気にせずに30か月以上駐車されており、男性は分解を開始するのに十分な時間、死亡したことを示唆しています。 死因はまだ公に確認されていません。

▼駐車場入口

オンラインのコメンテーターは、特に車が行方不明者の報告が提出された誰かに登録されていたので、体が見過ごされていた時間に驚いた。

「車が行方不明になった人のものだった場合、これはどのように起こりますか? どのように? 警察はこれより早く彼を見つけられなかっただろうか?」
「何人かの役員は彼らの仕事をしていないためにちょうど暴露されました。」
「車が2年半そこに駐車されていたら、それは著しく劣化していたはずです。 同様に、タイヤが平らになっているのを見ると、あまり長く動いていないことがわかります。」
「労働者や顧客の誰もが、 『車は常にまったく同じ場所に駐車されていることを知っている』と思ったことはありませんか?」
「そのようなことは、地方の駐車場で時々起こります。 ずっと同じ場所に駐車していて運転されていない車に出くわしますが、駐車場は大きくて十分なスペースがあるので、問題がない限り、店主はそうしません。本当に大騒ぎします。」

最後のコメントですが、日本の都市部の駐車場には通常、ゲート、係員、料金がありますが、市内中心部のさらに外側には、無料で駐車でき、ゲートや警備員が配置されていない駐車場があります。 遺体が発見されたショッピングセンターもそうだった。ある労働者は、車が何年も動いていないことに気付かずに、空きスペースを利用して一晩駐車している人のものだと誰もが思っていたのではないかと推測した。

出典:Nitele News、FNN Prime Online、YouTube/日テレNEWS
上の画像:パクタソ
●SoraNews24の最新記事が公開されたらすぐに聞きたいですか? Facebookでフォローして ツイッター

日本の駐車場で車の中で死体が見つかった、警察はそれが2年以上そこにあったかもしれないと言います
Source#日本の駐車場で車の中で死体が見つかった警察はそれが2年以上そこにあったかもしれないと言います

Leave a Comment