日本の首相のより多くのミルクの要求は成功し、大量排除は回避された

やった!

昨年末、日本の岸田文雄首相は国に演説し、現在のCOVID-19パンデミックに対処するためのさまざまな対策について話しました。 彼はウイルスの拡散を防ぐための対策だけでなく、経済への影響を軽減する方法についても話し合った。

その時、彼は彼の全任期を首相として定義するかもしれない武器への緊急の呼びかけを出しました…少なくとも私の意見では。

「日本の人々には、大量の廃棄を避けるために、料理にはミルクを使用し、年末年始は常にミルクを飲むようにお願いします。」

首相の罪状認否によると、 日本の酪農家は、主にパンデミック中の学校給食の中止により、5,000トンの白原油が大量に余剰になりました。 このミルクが家を見つけることができなかった場合、それはこぼれる必要があります、そして人々にそうしないように言うための最善の努力にもかかわらず、確かにそれについて泣く人もいます。

ニュースに対するオンラインの反応は当初はぬるいもので、多くの人が最初に価格を下げるか、単にバターやヨーグルトを作るためにそれを使用することを要求していました。 しかし、1月12日、日本乳業協会(J-Milk)が次のように発表したため、サイレントマジョリティがステップアップして明日がないかのようにミルクを飲んだことが判明しました。 危機は警告され、大量の入手可能性のミルクはもはや必要ではありませんでした。 そして、子供たちが休暇の後に最近学校に戻ったので、彼らの昼食の一部としてのミルクの需要は通常のバランスに戻りました。

▼J-Milkは全国にご支援ありがとうございました。

画像:J-Leche

そのうえ、 乳業は、できるだけ多くのミルクをバターやチーズなどの製品に加工するために最善を尽くしていることがわかりました。。 したがって、特に将来的に彼らからより安価なものがもたらされる場合は、彼らの役割についても多くの支援を提供する必要があります。

私たちは皆一生懸命働きます。 みんなのバター寿司はいかがですか?

画像:©SoraNews24

余剰の最初のニュースに付けられたオンラインの冷笑的なコメントの多くは、安堵のため息をついたようであり、人々は休暇中に協力したと宣言しました。

「私は少し心配して、休暇中に追加の箱を購入しました。 うまくいったことをうれしく思います!」
「私はローソンのホットミルクが好きですが、私は約1リットルしか飲むことができませんでした。」
「素晴らしい!私の子供たちはミルクが大好きなので、年末にたくさん買いました。」
「私の家族全員がミルクが好きなので、私たちはいつもより多く飲んで、私たちが集まるときにそれをすべて飲みます。」
「私はたくさんのミルクを飲みました。」
“幸せ にゅ 年! [‘gyunyu’ is the Japanese word for cow’s milk]「」
「私はミルクを飲みませんが、コーヒーに入れているので、これに感謝しています。」

また、棚の上のエルフの大きな箱を持ってきてくれたので、休日にもたくさんのクレープが作られました。 私はオレオを背の高いグラスのミルクに浸し始めましたが、2020年にスパムオレオサンドイッチだけで食べるように切り替えたため、困難でした。

これは、私たち全員が時々犠牲を払わなければならないことを示していますが、チップが少なく、チャレンジが少し楽しいときは、一緒になって本当に違いを生むことができます。

出典:FNN、八馬キコ
上の画像:©SoraNews24
●最新のSoraNews24の記事が公開されたらすぐに聞きたいですか? Facebookでフォローして ツイッター

日本の首相のより多くのミルクの要求は成功し、大量排除は回避された

Source#日本の首相のより多くのミルクの要求は成功し大量排除は回避された

Leave a Comment