日本の電話ブースは昼はかわいい、夜は怖い

温泉街の真夜中の魅力。

田川のマーライオンや千葉の海を見下ろす鳥居など、日本全国にユニークなアウトレットのある街があります。

しかし、宮城県には大崎町に素敵な小さな温泉街があります。 なるとそしてそれはあなたが見つける場所です ホラー映画のようなもののように見える電話ブース

Twitterユーザー @atago_xion 上の写真を撮ってオンラインで共有しました 夜に彼にぶつかった後、彼らに悪寒を与えた。 そして、特に日本の人形と、この身体のない人形が電話ブースで表す特定のタイプについてもっと知るとき、それは本当に怖いです。

まず、なぜ電話ブースが存在するのかという問いに答えるのは、こけし作りとのつながりが強い地域の歴史によるものです。 鳴子は1915年に職人が始めたときに最初にこけしの代名詞になりました 温泉客の子供たちのために木製の人形を彫る、そして地元で作られた人形のスタイルはそのによって区別されました 長い円筒形のボディ、四角い肩、わずかに湾曲した砂時計の形

鳴子製人形「鳴子こけし日本のこけしの公式11種類のひとつであり、形は別として、他の人形との違いは 頭を向けると泣いているように聞こえます

▼暗闇の中で人形が泣くのが聞こえるような感じです。

それに加えて、日本ではそれぞれの人形に魂が宿っていると信じられており、葬儀も行われており、この電話ブースはより心に残る個性を帯びています。

オンラインのコメント投稿者は、シーンが邪魔であることに同意し、次のように述べています。

「こけしはいつも怖いです。」
「これは怖すぎる!」
「ホラー映画のワンシーンのようなものです。」

「こけしをよく見ると、とても不気味です…」
「電話ブースに入ると、二度と出られなくなります!」

真夜中にこの人形の体に入って電話をかけるには勇敢な魂が必要ですが、日中は人形の性格がより心地よいと言われています。 いずれにせよ、地元の人々は彼らの間の巨大なこけしについてあまり心配するべきではありません、少なくとも東京のこの電話ブースのように、それは本当に幽霊が出るわけではありません。

ソース: ツイッター/ @ atago_xion 八馬きこう経由
注目の画像:パクタソ
画像を挿入: ツイッター/ @ atago_xion
●最新のSoraNews24の記事が公開されたらすぐに知りたいですか? Facebookでフォローして ツイッター

日本の電話ブースは昼はかわいい、夜は怖い

Source#日本の電話ブースは昼はかわいい夜は怖い

Leave a Comment