日本の防衛レーダー能力を妨げる風力インフラ:情報源

日本全土に設置されている風力エネルギータービンは、ミサイルを検出するために使用される自衛隊のレーダー設備を妨害しており、国防省にいくつかのプロジェクトの変更を求めるよう促している、と複数の情報筋が述べた。

場合によっては、同省はまた、洋上風力発電に有利であると政府によってすでに指定された場所にそのようなインフラストラクチャを設置しないように求めた、と情報筋は土曜日に言った。

政府は現在、そのような設備を管理する規則の見直しを検討しています。

同省は具体的な事例を明らかにしていないが、一部のオフショアを含む10以上の場所がプロジェクトの変更または調査の対象となっており、情報筋によると、エネルギー事業者はプロジェクトのレビューを求められている。

しかし、そのようなプロジェクトの陸上での建設を制限する根拠として防御を使用することを許可する法律はありません。 ある政府高官は、状況が国家安全保障を損なう可能性があると警告した。

同省によると、自衛隊レーダーシステムは、物体を反射することで機能する電波を放射し、戻り信号はそれらの物体の位置を示します。 しかし、大きな風力タービンは、電波を遮断したり、より大きな反射信号を生成したりすることがあり、ミサイルや飛行機の検出をより困難にします。

情報筋によると、陸上風力発電施設は主に海岸線沿いまたは山岳地帯にあり、一部は自衛隊レーダー基地の近くにあります。 航空自衛隊は、全国28か所にレーダー警報機を設置しています。

一部の風力タービンは高さが100メートルを超えており、過去に気象庁による気象観測の運用を妨げてきました。

ある風力エネルギー事業者の関係者は、「規則に従って計画を変更するように突然言われたため、今は困っている」と述べた。 「貿易産業省と国防省はこれについて調整すべきだった。」

洋上風力発電は、2011年の福島原発事故後、国がより容易に受け入れた再生可能エネルギーの使用を拡大するための「切り札」として、経済貿易産業省によって宣伝されています。 風力発電を利用するのに適した場所として、全国の5つのオフショアロケーションが指定されています。

しかし、国防省は、青森県沖に設置された風力タービンが地対空ミサイルで使用されるレーダーに干渉する可能性があるため、一部の海域を立ち入り禁止にするよう求めた。

北朝鮮が今年3月に青森沖に上陸した弾道ミサイルを含む弾道ミサイルのテストを強化したことで、北朝鮮からのミサイルの脅威に対する懸念が高まっている。

ミサイル実験に加えて、中国とロシアの爆撃機が5月に日本の近くの海域を飛行し、ASDFはそれに応じて戦闘機をスクランブルするよう促した。

ある国防省当局者は、「防衛力のバランスを取りながら風力発電の導入を実現するために、システム設計の見直しを検討したい」と述べた。

日本風力発電協会によると、2021年末現在、日本には合計2,574基の風力タービンが設置されています。

誤った情報と多すぎる情報の両方の時代に、 質の高いジャーナリズムはこれまで以上に重要です。
購読することで、あなたは私たちが物語を正しく理解するのを助けることができます。

今すぐ購読する

フォトギャラリー(クリックして拡大)

。日本の防衛レーダー能力を妨げる風力インフラ:情報源
Source#日本の防衛レーダー能力を妨げる風力インフラ情報源

Leave a Comment