日本の都道府県は、年間ランキングで茨城県を抜いて最も魅力のない都道府県になりました

「最後の場所を返せ!」 と茨城県民が叫びます。

日本の 47 都道府県のホットスポットと全体的な魅力の点で、どのように運賃を支払うかの年間ランキングの時間です。 昨年は北海道が首位、茨城県で終わったが、多くの日本人にとっては驚くような結果ではなかった。

▼北海道が再び金メダル!

今年は北海道が14年連続1位。 京都、沖縄、東京、大阪がそれぞれ昨年と変わらずトップ5に続いた。 結果の最大のジャンプはランキングの中間で発生し、和歌山などのいくつかの県は32位から26位にジャンプしました.

今年の驚きの 1 つは、茨城県の最下位が佐賀県だったことです。 茨城県は通常、リストの最下位に位置します。2020 年に 8 年間の連続記録を破ったのは 1 回で、2021 年には最下位に戻り、住民はショックを受けました。

▼佐賀県の伊マリンビーチ

佐賀県は、福岡県、長崎県、熊本県に囲まれた日本の南に位置する九州に位置しています。 県内の有名なランドマークやイベントには、唐津城、唐津くんち、佐賀インターナショナル バルーン フェスタなどがあります。

▼これはかなり魅力的です!

ただし、昨年、次のことを決定したことを覚えておいてください 多くの人が調査のロジックやポイント システムに同意しません。. 35,000 人の調査参加者に、47 都道府県のそれぞれについて、「非常に魅力的」、「まあまあ魅力的」、「どちらでもない」、「あまり魅力的ではない」、「まったく魅力的でない」の 5 段階で評価してもらいました。 “。 「とても魅力的」を選ぶとその都道府県は100点、「まあまあ魅力的」だと50点、それ以下だと0点。

当然のことながら、ネチズンからの結果に対する反応はまちまちでした。

「茨城最後の場所を返せ!」
「このランキングがよくわからない。」
「佐賀はこれを有利に利用して宣伝するのだろうか?」
「個人的には、佐賀県に魅力がないわけではなく、周辺県に比べて佐賀県の魅力をうまく売り込めていないということだと思います」
「実は佐賀には美味しい食べ物や温泉がたくさんありますが、一般の人には知られていないほうがいいかもしれません。」

佐賀は過去に疑わしい広告方法を使用して訪問者を引き付けてきたため、特に「ゼロの魅力」のコメントは多くの人にとって理にかなっているかもしれません. いずれにせよ、これらの調査結果を鵜呑みにするのが最善であると言っても過言ではないかもしれません。または、佐賀県に行って隠れていると思われる美人を見つけることもできます!

出典: My Game News Flash より時事ドットコム
トップ画像:ぱくたそ
挿入画像:パクタソ(1、2)、佐賀インターナショナルバルーンフェスタ
● SoraNews24 の最新記事が公開されたらすぐに知りたいですか? Facebookでフォローしてください。 ツイッター!

日本の都道府県は、年間ランキングで茨城県を抜いて最も魅力のない都道府県になりました

Source#日本の都道府県は年間ランキングで茨城県を抜いて最も魅力のない都道府県になりました

Leave a Comment