日本の自衛隊は多国籍サイバー戦争ゲームを主催しています

陸上自衛隊は火曜日に、ますます高度化するサイバー攻撃に対処するための多国籍訓練を主催した。

これは、参加者が実際に攻撃に対応するGSDFがホストする最初のサイバー戦争ゲームであり、複数の国が関与する最初のゲームです。 GSDFは、イベントを開催することにより、サイバー攻撃に対処する能力を向上させることを目指しました。

米国、オーストラリア、フランス、ベトナム、フィリピン、インドネシアの軍隊からのサイバー戦争要員、ならびに地上、海事、航空自衛隊および国防アカデミーからの10チームがゲームに参加しました。

これは、防衛機関がシステムのハイジャックや情報の入手を求めるサイバー攻撃の標的となった状況をシミュレートしました。 ホストがサーバーを攻撃し、参加者は攻撃を検出し、被害の範囲を把握し、サーバー機能を復元するための方法とアイデアを競い合いました。

オンラインで行われた開会式で、Maj。 陸上幕僚監部の通信システム・諜報部長である足立義樹将軍は、各国間の協力の重要性を強調した。

「ハイブリッド戦争とも呼ばれる現代の戦争では、サイバー攻撃は便利な攻撃方法です」と彼は記者団に語った。 「私たちはこのイベントを通じて多国籍協力を発展させたいと思っています。」

軍隊の管理に不可欠な情報ネットワーク防御の重要性が高まっています。 ロシアはウクライナへの侵攻において、政府機関やインフラ施設に対してサイバー攻撃を行ったと考えられています。

実際の被害はまだ出ていませんが、国防省はマルウェアやデータ攻撃の標的になることがよくあります。

同省は、このような攻撃への対応能力を拡大するために急いでおり、今月末には約540人のサイバー防衛ユニットが設立される予定です。

誤った情報と多すぎる情報の両方の時代に、 質の高いジャーナリズムはこれまで以上に重要です。
購読することで、あなたは私たちが物語を正しく理解するのを助けることができます。

今すぐ購読する

フォトギャラリー(クリックして拡大)

。日本の自衛隊は多国籍サイバー戦争ゲームを主催しています
Source#日本の自衛隊は多国籍サイバー戦争ゲームを主催しています

Leave a Comment