日本の自動販売機は、地元企業が運営するこの種のものとしては初めてです。

地域経済を支える楽しくおいしい方法。

レポーター中澤征爾が大阪出身者に昔住んでいたことを話すたびに 鶴橋、彼らはしばしば「おお焼肉!」 それは、大阪の鶴橋駅の特徴として、焼肉屋台が密集していることから、焼肉の匂いがするからです。

駅周辺は商店街が迷路のように密集した賑やかな雰囲気のエリアですが、夜になると地元の11社がシャッターを閉め、 近くの自販機の灯りがあなたを誘う、そしてそれが、近所への最近の旅行でセイジに起こったことです.

ある自動販売機には特に強い魅力があり、彼がそれに近づいたとき、Seiji は珍しい製品の選択で満たされていることに気付きました.

その上のサインは、マシン内のボトルが飲み物ではないことを明らかにしました – それらはで満たされていました ポン酢! 鶴橋ポン酢、正確には。

ここで驚いたのはそれだけではありません – ソースがダメだと思ったら、 あなたはあなたのお金を取り戻すでしょう.

あたりを見回してみると、ソースが気に入らなかった場合に機械からお金を取り戻す方法は見当たりませんでした。代わりにメール返品システムが導入されています。

「日本初!」という言葉を見つけた。 ただし、これはマシンの側面で、これが 日本初の鶴橋ポン酢販売専用自販機.

鶴橋に住んでいたにもかかわらず、鶴橋ぽん酢のことを聞いたことがなかったせいじは、この間違いを正して購入することでそれについてもっと知ることにしました。

▼ 300ミリリットル(4.2オンス)のボトルは750円(5.48米ドル)、200ミリリットルのボトルは450円

▼セイジは、より大きな300ミリリットルのボトルを購入することで、地域経済を支援することにしました.

ボトルは底のトレイにガタンと落ち、セイジがそれを手に取ったとき、それはうまく冷やされていることに気づきました.

側面の宣伝文句によると、たれは鶴橋でてっちりとらやふぐ専門店を10年間切り盛りする平烈浩さん。 その後、ポン酢作りに転向し、5 年間技術を磨いてから、厳選したポン酢をオンラインで販売し、鶴橋の 4 つの自動販売機で販売しました。

誠二は鶴橋に住んでいた頃、一文無しの学生だったのでフグ鍋を食べる余裕はなかったが、とらやの話を聞いたことを覚えている。 お店が閉店してしまったのは残念でしたが、お店でよく食べられていたソースと同じポン酢を購入できてよかったとのこと。

▼せいじは、近所を離れてから数年後、ようやく虎屋の味を知ることができました。

ポン酢は醤油に似た味ですが、通常は柑橘類が加えられているため、おいしい酸味があります. 清治さんはフグを持っていませんでしたが、夕食にサラダと豚鍋が並んでいたので、両方にたっぷりのソースをかけました。

本当にタレが素材を歌わせ、 ゆずすだち 柑橘類 サラダの後味をすっきりとさせます。 この新鮮な風味は、鍋の肉の風味も引き立てます。これは、清治が今まで味わった中で最もピリッとしたポン酢でした。

キリッとしたポン酢が好きな方におすすめのポン酢です。 普段はまろやかな味わいのポン酢が好きなせいじさんですが、これを食べてみて、新しい定番のポン酢になりそうです。

▼謎の「黄金ポン酢」(365ミリリットル1,500円)やキムチポン酢(200ミリリットル450円)も買いに来るかも

次回鶴橋を観光する際は、鶴八ぽん酢の自動販売機にも注目してみてください。 2 フィートの高さのパフェもお見逃しなく!

参考:とらや物産
写真 © SoraNews24
● SoraNews24 の最新記事が公開されたらすぐに知りたいですか? Facebookでフォローして、 ツイッター!

日本の自動販売機は、地元企業が運営するこの種のものとしては初めてです。
Source#日本の自動販売機は地元企業が運営するこの種のものとしては初めてです

Leave a Comment