日本の自動販売機は、フィールドで和牛ステーキを提供しています

サーロインを24時間365日お召し上がりいただけます!

深夜に美味しいプレミアム和牛を急に食べたくなったらどうしますか? さて、愛知県豊田市の田舎にいれば、 和牛自動販売機の暗闇とウェルカムライトに挑戦、昼夜を問わずいつでも美味しいカットを提供する準備ができています。

▼田舎に住むのは不便だと誰が言ったのですか?

記者の高木遥さんが最近、珍しい機械を探して田んぼを自転車で走っていたところ、ついに見たとき、ヴィンテージの和牛だけでなく、自分が知っている高級ブランドが入っているのを見て嬉しかったです。 。 彼はなじみがあった。

▼ブランドは 豊ウシ谷沢牧場に自動販売機が設置されているので、毎日新鮮な状態で仕入れています。

当初、牧場は火曜日にのみ直販店から和牛を販売していましたが、需要が高かったため、営業所の外に自動販売機を設置し、昼夜を問わずいつでも購入できるようにしました。

▼マシンの内部を見ると、次のようなオプションが明らかになりました ハンバーガーステーキ (1,500円 [US$13.04])、 ショルダーロースト (1,800円)、 焼肉用に薄くスライスしたローストショルダー (1,700円)..。

▼…そして 内臓 (1,000円)、 サーロイン (1,600円)。

ここの価格はスーパーマーケットの通常の牛肉製品よりも高かったが、それは ここのすべては 上質な和牛。 プッシュボタンの表示を見ると、すでに在庫切れの商品がありましたが、幸いなことに ショルダーロースト サーロイン まだ入手可能だったので、遥が購入できました。

▼お支払い後、遥がノックを聞き、高価な和牛が出てきました!

受け取ったお肉は思ったよりずっと大きかったし、真空パックで-20℃で冷凍保存していたので、賞味期限が約3ヶ月で和牛を買いだめできました。したかった。

遥は購入したものを家に持ち帰り、詳しく調べるためにスケールに置いた。 ローストした肩の重さは200グラム(7オンス)、サーロインの重さは150グラムで、厚さは約1.5センチ(0.6インチ)で、和牛ステーキとしては印象的なサイズです。

すでに口に水をまくと、ハルカはそれらを味わうことに熱心だったので、彼女はサーロインを鉄のフライパンで揚げ始め、鍋の寸法に合うように半分に切りました。

彼女の料理と彼女の感覚が焼けるように暑いステーキの甘くてジューシーな香りで満たされるまで、そう長くはかかりませんでした。 そして、彼女は絶対的な異教徒ではないので、遥は土壇場で食事に野菜を加えることにしました。

▼お皿に盛り付けると、物が熱くなりカメラのレンズが曇ってしまいました。

ステーキにスパイスの効いた味わいを加えた遥は、半レアのスライスを口に入れ、和牛の自動販売機から一口食べました。

信じられないほど美味しかったです。 一口一口に甘くて脂っこい肉汁がたっぷり入っていて、和牛のように舌の上でとろけ、お腹をやわらかい味わいで満たしてくれます。

▼次に、遥は焼き肩を揚げました。

ローストした肩はサーロインより50グラム大きかったので、フライパンは肉でいっぱいになりました。

▼しなやかな肉が中程度の生レベルに達するのにそれほど時間はかからず、彼がそれを切り刻んで噛んだとき…

推測! サーロインよりも少し糸引きがあり、タフな肉の切り身であると予想されていましたが、やや歯ごたえが柔らかく、さらに肉の風味がありました。 お腹をステーキで満たしたいなら、このパドルローストは間違いなくあなたにとって最良の選択肢です。

和牛の自動販売機がこんなに美味しいと誰が知ったのですか? はるかは確かにそうしなかったが、それを手に入れた今、彼女は間違いなく田んぼに向かって和牛を買いだめしている。そしてうまくいけば、彼らはそれらのハンバーガーも再入荷するだろう。

もっと珍しい自動販売機を探しているなら、このコリアンダーの自動販売機への最近の旅行をチェックしてください。メガハマグリが揃っています。 日本には、あらゆる好みや予算に合った自動販売機が本当にあります!

自動販売機情報
豊ウシ直販店/豊ウシ直販店
住所:愛知県豊田市桝塚西町北屋敷120-3
愛知県豊田市桝塚西町北屋敷120-3
自動販売機は24時間年中無休で営業しています

参考:豊牛ブランド振興協議会
写真©SoraNews24

●最新のSoraNews24の記事が公開されたらすぐに知りたいですか? Facebookでフォローして ツイッター
[ Read in Japanese ]

日本の自動販売機は、フィールドで和牛ステーキを提供しています

Source#日本の自動販売機はフィールドで和牛ステーキを提供しています

Leave a Comment