日本の自動販売機で焼き芋を食べてみました

この珍しい機械は、ホットポテトとコールドポテトを販売していますが、それらは良いですか?

日本の寒い時期には、焼き芋ほどその場に出てくるものはありません。 いくつかの種類から選ぶことができ、それぞれが異なるレベルの甘さを持っており、それらは一般的にスーパーマーケットやトラックの後ろで販売されていますが、 今、あなたはそれらを自動販売機で買うことができます

横浜のそごうデパートで最近、日本語の記者ニノウデ・プニコが出くわしましたが、驚いたのは、温かいサツマイモだけでなく、冷たいサツマイモも配っていたということです。

▼この自動販売機はどれくらいかわいいですか?

左側にホットポテト、右側にコールドポエトが並んでいるので、ポエニはそれぞれを購入して、どのように見えるかを確認することにしました。

彼の熱い購入が下のトレイに響き渡ったとき、彼はそれが長い円筒形の缶で配達されたことを発見しました。これは返品する必要があります彼を通して書かれました。

缶は熱かったのですが、それほど不快ではありませんでした。開いたとき、彼は購入したサツマイモが新聞の包みのようなビニール袋に包まれていることに気づきました。

▼ベンダーが顧客のためにサツマイモを新聞用紙に包んだ昔のことをうなずきます。

彼女は素直に缶を返品ボックスに入れ、パッケージを開けると、プニコは別の驚きを受け取りました。彼女の手にはサツマイモだけでなく、 三つ

▼これらは バラエティに富んでおり、各パックの重量は約190グラム(6.7オンス)です。

▼ポエニは熱いモルセルの1つに噛みつき、その粘り気のある甘さと金色の肉に喜んで微笑んだ。

濃厚でべたつきがあり、驚くほど滑らかで、一口ごとにとろけるようになりました。 自動販売機を購入して予想していたよりもはるかに高品質でしたが、冷たいものは比べてどう味がしますか?

▼冷やしたじゃがいもは冷蔵庫から出てきたような感じです。

興味深いことに、この寒さはジャガイモをさらに甘く見せました。 まるで冷やして甘さが凝縮したかのようで、ポエニは絶対に大好きでした。 粘着性のあるセンターがデザートに最適なクリーミーな口当たりを与えるので、夕食後のアイスクリームの健康的な代替品としてそれらを楽しむことを計画してください。

これらの自動販売機のサツマイモは間違いなく試してみる価値があり、1袋500円(US $ 4.40)で、現在の希少性を考慮してリーズナブルな価格になっています。 自動販売機は、そごう横浜店8階の「いも博覧会」(「ポテト博覧会」)会場で12月20日まで設置され、その後12月31日まで地下2階のフードコーナーに移動します。 1月。 2022年。

画像:SoraNews24
●SoraNews24の最新記事が公開されたらすぐに知りたいですか? Facebookでフォローして ツイッター
[ Read in Japanese ]

日本の自動販売機で焼き芋を食べてみました

Source#日本の自動販売機で焼き芋を食べてみました

Leave a Comment