日本の石油補助金の上限を25円以上に引き上げようとしている自民党

与党自由党は、石油卸売業者への補助金の上限を現在の5円から1リットルあたり25円以上に引き上げるよう政府に求めている。

自民党が萩生田産業相と松野博一内閣官房長官に金曜日に提出した原油価格の高騰に対処するための一連の緊急提案にこの要請が含まれている。

焦点は、政府が補助金プログラムを拡大するために必要な財源を確保できるかどうかである。政府の予算は、2021年末の3月31日までになくなる可能性があるからである。

萩生田氏は、提案を受けた後、記者団に対し、「さまざまな選択肢がある」と述べ、「柔軟に」どのような措置を取るかを検討すると述べた。

松野氏は記者会見で、政府は「与党と緊密に協力し、具体的な対策を講じる作業をスピードアップする」と語った。

石油補助金プログラムは1月下旬に発足しました。 ガソリンと原油の価格に基づいて設定された補助金の額は、原油価格の予想よりも速い上昇により、発足からわずか2週間で1リットルあたり5円の上限に達しました。

提案では、自民党は政府に対し、石油卸売業者がガソリン価格の緊急抑制のためのいわゆるトリガー条項の下で提供されるよりも多くの支援を受けることができるようにプログラムを再検討するよう要求している。

現在一時停止されているこの規定により、ガソリン価格が上昇した場合、国は一時的にガソリン税を引き下げることができます。 この措置を実施すれば、1リットルあたり約25円の減税効果が得られる可能性があります。

補助金プログラムのために確保された893億円が来月末までになくなるのではないかという懸念が高まる中、自民党は2021年度の準備金の使用を呼びかけている。

自民党幹部は、準備金は数千億円残っているはずだと述べている。 しかし、原油価格の高騰に対処するためにどれだけのお金を使うことができるかは定かではありません。

産業省の高官は、同省は「ウクライナをめぐる緊張のさらなる拡大に備えるための方法としてのみ、補助金プログラムの拡大を検討する」と述べた。

自民党はまた、現在3月31日に期限が切れる予定のプログラムを延長するよう政府に求めている。

誤った情報と多すぎる情報の両方の時代に、 質の高いジャーナリズムはこれまで以上に重要です。
購読することで、あなたは私たちが物語を正しく理解するのを助けることができます。

今すぐ購読する

フォトギャラリー(クリックして拡大)

。日本の石油補助金の上限を25円以上に引き上げようとしている自民党
Source#日本の石油補助金の上限を25円以上に引き上げようとしている自民党

Leave a Comment