日本の男子高校では、必修の身だしなみのレッスンがあり、スキンケアと髪型について教えています。

125歳の東京学校 彼は彼の少年たちに彼らの「紳士教育」の一部として適切な準備について考えてもらいたい。

最近の日本の高校のほとんどは男女共学ですが、性別によって差別化された教育機関がまだいくつかあります。 明らかな論理は、男女別の学校は、10代の同級生のロマンスの毎日の気晴らしを避けることによって、学生が彼らの研究に彼らの心を保つことをより簡単にするということです。

ただし、 東京の神田にある男子高校、正則学園 1896年に設立されたこの地域では、学生が粗野で教育を受けていない悪党になることも望んでいません。 それで 先週の金曜日、清草の新入生全員が身だしなみに関する特別会議に出席する予定でした。

▼レッスンの動画

正式に呼ばれた準備セミナーの目的は 「適切なエチケットの側面として身だしなみを促進し、理解してください。」 セイソクは、男性用グルーミング製品マンダムのメーカーの代表者を招き、15歳または16歳の150人の学生と話をしました。 スキンケアローションとスタイリングワックス、およびレッスンには、両方を使用するための指導と練習が含まれていました。

グルーミングセミナーは、学校への最新の追加です。 「紳士の教育」 2020年度に最初に開始されたカリキュラム。プログラムを担当する正則高等学校の小島徹氏は、東京の中心部でのアクティブで新鮮なライフスタイルについて語っています。 ユニフォームやドレスシューズのお手入れ方法を意識し、ユニフォームやドレスシューズのお手入れに熟練することで、新鮮で衛生的な雰囲気を醸し出し、髪をとかすことで、たとえ全員が着ていても、自己表現の道を開くことができます。同じユニフォーム。 “。

▼正則学園のプロモ映像は、鮮度と言えば、スタジオだけでなく、音楽、武道、生け花などのシーンが満載です。

オンライン グルーミングレッスンへの反応は圧倒的にポジティブです。、次のようなイベントのビデオへのコメント付き:

「学校がこれを教えるのに時間をかけているのは驚くべきことです。」
「他の学校も同じことを始めてほしいと思います。」
「学校にもこのような女の子向けのクラスがあればいいのにと思います。 多くの学校では学生が化粧品を着用することを許可していませんが、多くの企業のドレスコードでは、女性は化粧なしでは仕事に行くことができないとされています。
「子供たちは恥ずかしすぎて自分で物事を理解することはできないでしょうが、みんなが一緒に学んでいれば、誰もが不快に感じる必要はありません。」
「適切なパーソナルケアの経験がまだない場合、就職の面接に行くときに突然追いつく必要があるのは非常に難しいかもしれません。」

レッスンの焦点は絶対的なスタイルよりも「アレンジメント」にあったように思われることは注目に値します。 多くのコメンテーターが指摘しているように、見栄えがするように見えることは重要な就職活動スキルです。特に日本では、視覚的な第一印象が非常に重要であり、潜在的な雇用主は候補者がどれほど深刻に見えるかを非常に重要視しています。 リクエストを受け付けます。 もちろん、多くの子供たちは高校に入学するまでに自分自身を手入れする方法をすでに知っていると主張することができますが、多くのライフスタイルの習慣が実際に確立されているのは10代なので、アドバイスが必要な子供たちのために、これはそれは彼らに与える重要な瞬間です。

出典:国西書行、YouTube /[Oficial]HachimaKiko経由のNTVNEWS
上の画像:パクタソ
●SoraNews24の最新記事が公開されたらすぐに知りたいですか? Facebookでフォローして ツイッター

日本の男子高校では、必修の身だしなみのレッスンがあり、スキンケアと髪型について教えています。

Source#日本の男子高校では必修の身だしなみのレッスンがありスキンケアと髪型について教えています

Leave a Comment