日本の月次経済報告書に2年ぶりにCOVIDが記載されていない

政府は水曜日の月報で、日本経済はパンデミックから回復しつつあり、COVID-19は2年以上ぶりに国内評価に含まれていないと述べた。

内閣府は、「日本経済は持ち直しの兆しを見せている」と述べ、先月の報告書に続いていた「COVID-19による深刻な状況が緩和されているため」という言葉を削除した。

表現の変化は、「COVID-19の復活の中でも社会経済活動が続いている」という日本社会の変化を反映していると政府当局者はニュースブリーフィングで述べた。

しかし、報告書はまた、中国での新たなウイルス事件が上海を含む広い地域での封鎖につながり、サプライチェーンの混乱を引き起こしているため、経済に対する下振れリスクが残っていることも指摘しています。

ロシアのウクライナ戦争による原材料価格の高騰もリスクとして挙げられた。

報告書によると、5月の個人消費は前月と同じ表現で「持ち直しの動きが見られた」とのこと。

1月から3月までの国内総生産データによると、個人消費は、オミクロンの亜種の急増によって引き起こされた準緊急事態の下でさえ、横ばいでした。 前四半期は2.5%増加しました。

2022年の第1四半期のほとんどの期間、多くの都道府県は、州知事が人々に県境を越えて旅行することを控え、レストランやバーを早めに閉店するように促すことを可能にする抗コロナウイルス対策を実施しました。

3月下旬にウイルス関連の縁石が完全に撤廃された後、外食や出張を中心に個人消費は回復を続けると見込まれ、4月下旬から初めて活動制限なしで一週間の休暇を過ごすことができた。報告書によると、3年後のことです。

同局は、雇用は「回復の動きを示している」と述べ、5か月ぶりに評価を上方修正した。 それは、失業率の低下と、製造業者、宿泊施設およびレストラン事業による求人の増加を引用した。

一方、消費者物価は「最近上昇している」とのことで、現在の評価基準が採用された2007年12月以来、初めてこの表現を用いた。 4月のレポートによると、価格は「緩やかに上昇している」とのことです。

揮発性生鮮食品を除くコア消費者物価指数は、エネルギーと食品の価格が急騰したため、4月に前年比2.1%上昇した。

中国の急進的な「COVIDゼロ」政策の下で実施された封鎖が供給制約を引き起こしたため、中国からの輸入が減少したことにより、輸入の評価は6か月ぶりに格下げされた。 報告書によると、輸入品は4月の「ほぼ横ばい」の評価と比較して「弱い調子」になっている。

事務所は、COVID-19の厳しい規制により、世界第2位の経済大国である中国の回復は「一時停止」しているようだと述べ、25か月ぶりに世界経済の見方を下方修正した。

誤った情報と多すぎる情報の両方の時代に、 質の高いジャーナリズムはこれまで以上に重要です。
購読することで、あなたは私たちが物語を正しく理解するのを助けることができます。

今すぐ購読する

フォトギャラリー(クリックして拡大)

。日本の月次経済報告書に2年ぶりにCOVIDが記載されていない
Source#日本の月次経済報告書に2年ぶりにCOVIDが記載されていない

Leave a Comment