日本の新しい激辛インスタントラーメンは胃もたれも嬉しい?【試食】

カップヌードルメーカーは、これは面倒だと前もって言っていますが、時間とエネルギーを費やす価値はありますか?

なぜインスタントラーメンを食べるの?

「美味しいから!」 一口の麺の間に、モニターに向かって叫んでいるかもしれません。 それはラーメン全般に言えることです。 インスタント食品を買いだめして手を伸ばすのは、おいしいだけでなく、 便利 それも。

だから即席めんメーカーが新商品を出すのは大胆な行動であり、「最高に面堂で最高にうまいラーメン」という名前を付けて、作るのは大変だということを最初から伝えています。作るのに一番手間がかかるし、一番美味しい。」

▼作るのが一番面倒で一番美味しいラーメンは セブンイレブンということで、近くに支店が無いと、食べるのにまた一手間。

これらのお尻の痛みの麺は、の最新の発案によるものです 日清カップヌードルのメーカーであり、インスタントラーメンの発明者でもあるので、簡単に作れるラーメンが作れないわけではありません。 しかし、便利なふりを窓の外に放り出すとどうなるか興味があったので、430円(3.25米ドル)のパックを手に入れました.

ふたを点線まで剥がすと(ボウルの中心ではなく、ボウルの上部の約 40% のところ)、次のものが見つかります。 乾麺の上に4袋。 これらはすべて別のタイミングで追加する必要があります、しかし、最初のステップは、麺を調理するために、お湯を沸かして、内面のくぼみで示される線までボウルに注ぐことです.

次に、とんこつ醤油ベースの青パックと鶏ガラスープの金パックをフタの上に乗せます。 これらの 2 つのパックは、だし粉と海苔のストリップが含まれている他のパックよりも重いため、特に使用することになっています。

さて、麺をお湯で5分間茹でます。 はい、5. 世界の他のほとんどのタイプのインスタント ラーメンは 3 分で調理できますが、何らかの理由で、日清のハッスル ヌードルは 5 分かかります。

それが完了したら、次のことを行う必要があります ふたの別の部分、ここで赤丸で囲んだ部分をはがします.

それを行うと、 ストレーナ内蔵 水を注ぐのに使用できます。

鶏だしと豚だしを混ぜた粉末状の赤い袋を器に盛ります。 お湯を沸かして、再び線まで入れます。

青いだしの素の袋を開けてボウルに注ぎ、箸かスプーンで全体を混ぜ合わせます。 すべてがよく混ざったら、金の袋を開けて注ぎます。 ただし、パケットをひっくり返して、すべてを同じ場所にこぼしてはいけません。 容器を円を描くようにボウルの周りに動かしながら、徐々に加えていきます。.

最後に、海苔の入った最後の包みを破り、器の縁にきれいに並べます。

以上で、いよいよお食事です! 味覚検査の義務 (およびラーメンを作る手間) は、日本語のレポーターに委ねられました 、 と 一口目から、普通のインスタントラーメンとは違う出来栄えであることがわかりました.

麺は絶妙なつるつる、スープはコクのある味わい. スタイルは 家系横浜で人気を博した、とんこつと醤油をブレンドした濃厚でコクのあるスープに、日清の鶏がらスープをふんだんに加えることで、さらにコクが増しました。 しかも、麺を先に茹でてから熱湯を加えて煮汁を作るので、日本人好みのアツアツのスープです。

麿は、このラーメンを作るのが一番大変で、一番美味しいラーメンだとまでは言い切れませんが、 あなたがそれを作るために投資する余分な不便は間違いなく報われます.

ただし、トッピングが海苔しかないという欠点があります。 一方で、それは非常に純粋で集中的な食事体験になりますが、さらにいくつかの修正を切望するかもしれません. 幸いなことに、家系ラーメンはほとんど何にでもよく合います。スライスした豚肉、ゆで卵、または手軽なほうれん草があれば、それらはすべて非常に優れた追加になります.

または、作るのに最も手間がかかり、最もおいしいラーメンを白いご飯のおかずと一緒に食べて、海苔をラーメンに浸してから丼に移すことで、あまり素朴ではないものにすることもできます。 、ブロスを穀物に滴らせ、そして 箸で一口をつまむと、本質的にミニラーメン味のおにぎりを作る.

ええ、それらはすべて少し余分な作業ですが、手間がかかるだけの価値があるほどおいしいので、最初から便利さをあきらめました。

写真 © SoraNews24
● SoraNews24 の最新記事が公開されたらすぐに知りたいですか? Facebookでフォローしてください。 ツイッター!
[ Read in Japanese ]

日本の新しい激辛インスタントラーメンは胃もたれも嬉しい?【試食】
Source#日本の新しい激辛インスタントラーメンは胃もたれも嬉しい試食

Leave a Comment