日本の学生が2年連続で大学入試の質問を漏らしていることを認める

調査筋によると、19歳の大学生が2年連続で受けた日本の統一大学入試からの質問を漏らしたことを認めた。

東京警視庁は2月10日、今年の統一国家試験で世界史問題を漏らし、大学入試センターの業務を不正に妨害した疑いで、大阪府在住の女性のファイルを検察に送った。

情報筋によると、彼女は昨年同様の方法で質問を漏らしたと調査官に語った。

警視庁はまた、彼女の共謀者であると信じられている横浜に住む28歳のシステムエンジニアの検察官に書類を送った。 彼は昨年の詐欺にも関与していた、と情報筋は言った。

2日間の統一国家試験の初日である今年1月15日の朝、二人の容疑者は、試験中にSkypeアプリのチャット機能を使って質問の画像を漏らしたとされている。

事件が明るみに出た直後の1月下旬、女性は香川県警に身を寄せた。

情報筋によると、東京の有名な私立大学に入学したかったので、質問を漏らしたという。

女性は、昨年の統一試験の前にオンラインで男性に連絡し、試験中にスマートフォンを使用して質問シートの画像をキャプチャしたと説明しました。

男は、撮った質問票の動画を静止画に変換し、10万円以上の報酬を受け取ったとみられる。

誤った情報と多すぎる情報の両方の時代に、 質の高いジャーナリズムはこれまで以上に重要です。
購読することで、あなたは私たちが物語を正しく理解するのを助けることができます。

今すぐ購読する

フォトギャラリー(クリックして拡大)

。日本の学生が2年連続で大学入試の質問を漏らしていることを認める
Source#日本の学生が2年連続で大学入試の質問を漏らしていることを認める

Leave a Comment