日本の天皇は、腫瘍マーカーの増加後に前立腺検査を受ける

徳仁天皇は日曜日に東京大学病院で前立腺の検査を受け、腫瘍マーカーが上昇したと宮内庁は述べた。

62 歳の男性は午前 9 時 30 分頃に病院に到着し、MRI を受け、午後 1 時頃に退院しました。 スキャンの結果は数日でわかるだろう、と彼は付け加えた。

間違った情報と過剰な情報が混在する時代に、 質の高いジャーナリズムがこれまで以上に重要になっています。
購読することで、私たちが物語をよく理解するのを助けることができます.

今すぐ登録

日本の天皇は、腫瘍マーカーの増加後に前立腺検査を受ける

Source#日本の天皇は腫瘍マーカーの増加後に前立腺検査を受ける

Leave a Comment