日本の外務大臣はロシアの軍事活動に懸念を表明する

林芳正外相は、ロシアのセルゲイ・ラブロフ外相との電話会談で、日本近郊のロシアと中国による最近の軍事活動の急増について「深刻な懸念」を表明したと政府筋は述べた。

コメントは、モスクワと北京が日本中に軍艦の艦隊を送り、東京に対する明白な力のショーでここ数週間近くの海域で合同爆撃機パトロールを行った後に来ました。

日本の外務省によると、林とラブロフは、両国間の長年の領土紛争によって行き詰まっている平和条約交渉を進めることに合意した。

同省によると、北海道沖の係争中の島嶼部での共同経済活動や安全保障問題など、さまざまな問題について意見交換が行われた。

林氏は、約40分間の会話の中で、ラブロフ氏が「相互に有益な方法」で、政治的、経済的、文化的に二国間関係を発展させるために協力したいと語ったと伝えられた。

日本の北方領土とロシアの南千島列島と呼ばれる島々の主権をめぐる論争は、第二次世界大戦の終結以来70年以上にわたって平和条約に署名する国々にとって大きな障害となっています。

東京は、ソビエト連邦が1945年8月の日本の降伏の直後に島を不法に押収したと主張し、モスクワはそれが合法的に行ったと主張している。

省当局者によると、林とラブロフは以前の合意に従って平和条約交渉を進めることに合意した。これには、4つの島のうち最小の2つの島であるシコタン島と小島。 歯舞群島グループ-日本へ。

今月初めの任命以来、カウンターパートと一連の電話での会話を行ってきた林氏は、ウクライナとベラルーシでの緊張の高まりに対する懸念をラブロフに表明したと当局者は述べた。

同省によると、二人は北朝鮮の最近の弾道ミサイル実験についても話し合い、すぐに直接会うことに興奮を表明した。

誤った情報とあまりにも多くの情報の瞬間に、 質の高いジャーナリズムはこれまで以上に重要です。
購読することで、あなたは私たちが物語を正しく理解するのを助けることができます。

今すぐ登録

フォトギャラリー(クリックして拡大)

。日本の外務大臣はロシアの軍事活動に懸念を表明する

Source#日本の外務大臣はロシアの軍事活動に懸念を表明する

Leave a Comment