日本の外務大臣は、米国の基地がCOVID-19の上昇の要因であるかもしれないと言います

林芳正外相は木曜日、日本の米軍施設でのCOVID-19症例の集団が、国内の一部の地域で感染の再発を引き起こした可能性があると述べた。

林氏は、日本国立記者会見で、「米軍施設の感染状況が、周辺地域へのウイルスの蔓延の要因の一つである可能性を否定することはできない」と述べた。 「私はそれを非常に真剣に受け止めています。

林氏のコメントは、日本がコロナウイルスのオミクロン変異体によって引き起こされたパンデミックの第6波を目の当たりにし、一部の知事は、都道府県での症例の増加は、都道府県の米国拠点での感染の拡大に起因すると主張している。沖縄と山口。

山口県、広島県、沖縄県は日曜日から非常事態宣言が出ており、知事はレストランやバーを早めに閉店してアルコールの提供をやめるように求めている。

日本に到着した米軍要員は、以前はコロナウイルスの検査を免除されていました。 しかし、12月に沖縄の基地の1つで発生した一連の感染により、日本政府は米軍に、日本の基地での夜間外出禁止令を含む、より厳格なウイルス対策を導入するよう要請しました。

一方、岸田文雄首相は、米軍関係者と地域住民の感染拡大の因果関係について、原因究明は「難しい」との見方を避けている。

岸田文雄はまた、日米地位協定の見直しを求める沖縄県知事の玉城デニーの要請を拒否した。

誤った情報と多すぎる情報の両方の時代に、 質の高いジャーナリズムはこれまで以上に重要です。
購読することで、ストーリーをよく理解するのに役立ちます。

今すぐ購読する

フォトギャラリー(クリックして拡大)

。日本の外務大臣は、米国の基地がCOVID-19の上昇の要因であるかもしれないと言います

Source#日本の外務大臣は米国の基地がCOVID19の上昇の要因であるかもしれないと言います

Leave a Comment