日本の外務大臣は、中国への訪問に関して決定がなされていないと言います

林芳正外相は水曜日、中国の王毅氏の中国への公式訪問への招待を受け入れるかどうかは決定されていないと述べた。

日本の与党自民党は、両国が土地と人権の問題をめぐって衝突を続けているため、要請に対して慎重な姿勢をとっている。

自民党外務部長の佐藤正久議員は、来年、日中両国の外交関係正常化50周年を迎えるが、「非常に微妙な瞬間」だと述べた。

佐藤氏は、ジョー・バイデン米大統領の政権が、権利侵害の疑いに抗議するために北京冬季オリンピックの外交ボイコットを検討していることを指摘し、「海外に間違ったメッセージ」を送らないように招待を慎重に扱うべきだと述べた。

林氏は、日本は2月に始まる冬季オリンピックに向けた政策をまだ決定していないと述べた。

佐藤氏はまた、北京が主張する尖閣諸島近くの日本の海域に中国から送られた船が繰り返し侵入したことを批判した。

林氏は日曜日のテレビ番組で、王氏が先週の電話での会話中に招待した後、中国への訪問について「取り決めは行われていない」と述べた。

張高麗元中国副首相を性的暴行で非難して以来、公の場に出ていない中国のテニススター、彭帥氏について尋ねられた林氏は、水曜日の記者会見で、政府は状況を監視しており、「懸念が解消されることを切に望んでいる」と述べた。すぐに」 できるだけ。”

「自由、基本的人権の尊重、法の支配などの国際社会の普遍的な価値が中国でも保証されていることが重要です」と彼は付け加えました。

林氏はさらに、日本は「言わなければならないことを言う決意」であり、中国との対話と協力を促進しつつ、責任ある行動を呼び続けることを強調した。

誤った情報とあまりにも多くの情報の瞬間に、 質の高いジャーナリズムはこれまで以上に重要です。
購読することで、あなたは私たちが物語を正しく理解するのを助けることができます。

今すぐ購読する

フォトギャラリー(クリックして拡大)

。日本の外務大臣は、中国への訪問に関して決定がなされていないと言います

Source#日本の外務大臣は中国への訪問に関して決定がなされていないと言います

Leave a Comment