日本の国会議員が2年ぶりに靖国神社を訪問

火曜日、さまざまな政党の日本の議員グループが、アジアの近隣諸国による日本の過去の軍国主義の象徴と見なされている靖国神社を2年以上ぶりに訪れました。

朝、自民党の尾辻秀久氏を中心に約100人の政治家が東京神社を訪れ、戦没者に敬意を表した。 大辻は元参議院副大統領。

グループは、神社の春と秋の祭りと第二次世界大戦の終わりの記念日のために年に3回訪問することを目指していますが、コロナウイルスの大流行と10月の総選挙のため、メンバーは2019年の秋から一緒に訪問していませんでした。

岸田文雄首相が10月上旬に就任したのかと聞かれると、大辻氏は「お早めに参拝してほしい」と述べた。

日本の指導者や立法者による神社への訪問は、第二次世界大戦前と第二次世界大戦中の日本の軍国主義の苦い記憶が深まる中国と韓国との外交摩擦の原因となっています。戦没者。 。

当時の安倍晋三首相の2013年の訪問は、中国と韓国に怒りを引き起こし、日本の主要な同盟国である米国を失望させた。

10月、岸田文雄は隔年の秋祭りを祝うために神社に儀式の供物を送りました。

細田健一経済産業副大臣と務台俊介環境副大臣は、火曜日に神社を訪れた与野党の議員100人のうちの一人だった。

靖国の約250万人の奉献された人々のほとんどは、日本軍の軍人と民間人の従業員でした。

靖国は1978年に戦時中の首相である東條英機将軍と他の13人のA級戦争犯罪者を祀られた神々に加え、日本でも論争を巻き起こしました。

誤った情報とあまりにも多くの情報の瞬間に、 質の高いジャーナリズムはこれまで以上に重要です。
購読することで、あなたは私たちが物語を正しく理解するのを助けることができます。

今すぐ購読する

フォトギャラリー(クリックして拡大)

。日本の国会議員が2年ぶりに靖国神社を訪問

Source#日本の国会議員が2年ぶりに靖国神社を訪問

Leave a Comment