日本の伝統的なお香の作り方

東京店では、香りを嗅ぐのではなく、香りを「聞く」方法をお客様に教えています。

お香が仏教とほぼ同時期の6世紀に日本に伝来して以来、お香のやり方“、 また “鼓童」はますます洗練されてきました。 外国人観光客に見落とされがちな地元文化の魅力的な側面ですが、今では 工芸の秘密をより多くの人に楽しんでもらえる東京の店、あなたができるようにする実践的な経験で たった一時間であなただけの香を作るr.

▼店名は「じゅっとく」。 (はい、最後に終止符があります)、神楽坂にあります。

店は美しく洗練されたモダンですが、参加者が作り方を教えられるので、香作りの経験はあなたを平安時代 (794-1185) に連れて行ってくれます。インコ「、 原料を練り合わせて成形したお香.

店はウェブサイトで次のように述べています。

「平安時代の貴族が自分たちでお香を調合することを楽しんでいたように、目に見えない香りを作り出す瞬間は、純粋なくつろぎの時間でもあります。

この機会に、自分だけのお香を調合して、自分の内面を発見してください。」

体験は、お香の歴史と使用される材料の簡単な紹介から始まります。 木の葉、根、樹脂などの天然素材. その後、スタッフが食材の匂いを嗅ぐためのマインドフルなアプローチをご案内します。より正確には、”聴覚「動詞としての成分」きく」(「聞く」)は「」の代わりに使用されますカグお香の世界では、よりエレガントな用語として「(「におい」)」。

▼ など9種類の香味成分 サンダルウッドシナモン アニスクローブ 体験の中心です。

細かく砕いた力は単独では強すぎますが、混ぜ合わせることで自分好みの調和のとれた香りを作り出すことができます。 参加者ごとに3種類のサイズの記録シートとスプーンが用意されているので、好みに合わせてバランスを調整できます。

▼上に材料、横に分量。

ひとつひとつの香りをじっくりと考えながらブレンドしていく作業は、まさに「至福のひととき」となり、形になっていくのが楽しみです。

材料をブレンドし、水と結合剤で結合したら、混合物を型に入れて実際に形を整えます。

を含む、さまざまな金型から選択できます。 ひょうたんカメ、 と 金魚、美しい形のお香のトレイ全体を作成できます。 体験を完了するための最後の要件は、手作りのお香に名前を付けることです。祈りのかおり」(「祈りの香り」)。

参加者はお香を桐盆に入れて持ち帰り、自宅で数日乾燥させた後、お香を使用することができます。

原材料から自分で作ったお香を燃やすことは、誰もが試してみるべきユニークでやりがいのある体験であり、予想よりもはるかに簡単です. お香作りのクラスは 1 人 3,000 円 (22.51 米ドル) で、クラスの人数は一度に 2 人から 4 人までに制限されているため、東京の中心部でお香の作り方を楽しく親密に学ぶことができます。

参考元:じゅっとく。
画像 © SoraNews24
● SoraNews24 の最新記事が公開されたらすぐに知りたいですか? Facebookでフォローして、 ツイッター!
[ Read in Japanese ]

日本の伝統的なお香の作り方
Source#日本の伝統的なお香の作り方

Leave a Comment