日本の会社がスマートフォンに保護フィルムを貼る有料サービスを開始

好きですか、日本最大の通信プロバイダー、 フィルムアクセサリーホルダー プログラム、しかし 費用がかかります

ほとんどの携帯電話プロバイダーのように、日本 好きですか 電話サービスやデータプランを提供するだけではありません。 同社はまた、他の人にはないかもしれない特定のニーズや懸念を持つ顧客のために、さまざまな補完的なサービスとサポートのオプションを持っています。

たとえば、ドコモは新しいオプションサービスを発表しました。 フィルムハリツケサプト、これは 「フィルムホルダーホルダー」。 それで、それは何を伴うのでしょうか? ドコモによると:

「ドコモの店舗の1つで、保護フィルムの代理を行います。」

言い換えると、 ドコモのスタッフがスマートフォンの画面に保護フィルムを貼ってくれます、フィルムを壊したり、下にある不要な気泡を閉じ込めたりせずに、ガラス全体を適切に覆おうとする刺激や不安から解放されます。

ただし、 覚えておくべき2つのこと。 まず、このサービスは、Docomo Selectブランドのフィルムを使用している場合にのみ利用できます(ただし、Domeglassサブブランドでは利用できません)。 2番、 映画の添付ファイルのサポートは無料ではなく、アプリあたり1,100円(9.60米ドル)かかります。。 はい、1,760〜4,620円のほか、ご希望の機種によってはドコモセレクト保護フィルムの代金をお支払いいただきます。 店頭で1,100円の手数料を支払うか、翌月の電話代に含めることができます。 ドコモブランドの映画を使用する必要がありますが、他のプロバイダーのユーザーも映画添付サポートサービスを利用できるため、必ずしもドコモの顧客である必要はないようです。

▼適切な保護フィルムは、傷、引っかき傷、ジューシーなハンバーガーのしずくから画面を保護するのに役立ちます。

安定した手と軽快な指を持っている人にとって、1,100円は数秒でできることのための情報ハイウェイ強盗のように見えるかもしれません。 それにもかかわらず、 Twitterの反応は、有料であっても、専門家の助けを得ることにある程度の関心を示しています。、以下を含むコメント付き:

「映画が上手くいくのが苦手なので、とても嬉しいです。」
「1100円ですか? 500でやります。」
「私はいつも気泡になってしまうので、今のところ携帯電話にはフィルムがありません。これは私にとって本当に役に立ちます。」
「次の電話でこれをやろうと思います。」
「ドコモブランドの映画を使用した場合にのみこれを提供するのは少しばかげていますか?」
「ドコモは常に顧客からより多くの現金を引き出す方法を模索しています。」
「最初はいつも間違っていて、3000円で別のシートを買うことになってしまうので、自分のために何をしているのかを知っている人にとっては1100円がお買い得です。」

ドコモは12月20日からサービスの提供を開始し、その瞬間は重要かもしれません。。 来年から、日本の電話網はスマートフォン以外の携帯電話のサポートを停止し始め、最近の小型化されたものの多くは高齢者です。 正月は日本で最大のショッピングシーズンの1つであるため、多くの高齢者は、未知のことを実現するために、それほど器用ではない手に頼るのではなく、今後数か月以内に最初のスマートフォンにアップグレードする可能性があります。 ドコモの従業員に1回限りの料金を支払って保護フィルムを貼る作業は、おそらく悪いことではないように思われます。

出典:ドコモ(1、2)、ケータイウォッチ、オタコム経由、 ツイッター
上の画像:パクタソ
画像を挿入:Pakutaso(SoraNews24編集)
●最新のSoraNews24の記事が公開されたらすぐに知りたいですか? Facebookでフォローして ツイッター

日本の会社がスマートフォンに保護フィルムを貼る有料サービスを開始

Source#日本の会社がスマートフォンに保護フィルムを貼る有料サービスを開始

Leave a Comment