日本の不可解な建物は、実生活ではグラフィックの不具合のように見えます

現実の世界で壊れたグラフィックを見ると、ほとんど頭がおかしくなります。

新潟市 新潟県の県庁所在地ですが、特に賑やかな町ではありません。 繁華街を歩いていると、人口約80万人から想像以上に静かで、特にエキサイティングではないにしても、全体的にリラックスした心地よい雰囲気です。

ですから、それはますます見始めています 新潟市のある場所は、次元間の裂け目の継ぎ目であるように見えます

さて、多分それは存在の別の層への入り口ではありません。 それは、私たち全員が無意識のうちに住んでいるシミュレートされた現実のグラフィックスレンダリングの不具合である可能性があります。 いずれにせよ、新潟のスカイラインの一部には構造物が含まれているようです。 Cozmixビル、そのアーキテクチャが決定するようです “あのね? 私は2Dに行くつもりです」 あなたの目がそれを左から右にスキャンするように。

▼第3の理論:新潟市は、実は大きなフルカラーのMCエッシャーの絵です。

実際、これらの考えられるすべての説明の中で、Escherのものは真実に最も近いものであり、上の画像のCozmixの建物の奇妙な外観は、あなたの目/心に遠近法を使ったトリックの結果です。 建物は不規則な形をしており、1つのセクションがあります 三角形の屋根を持つ埋め込まれたくさび

西から一定の角度で見ると、くさびの先端が見えますが、曲がり角の周りの壁を含め、その後ろのすべてが完全に隠されています。

▼赤でマークされたCozmixの俯瞰図は、建物の名前だけが奇妙なことではないことを示しています。

10階建てのCozmixビルは、地元のラジオ局Niigata Kenmin FMの本拠地として、2020年の夏に放送局が停止するまで、1997年に建てられました(ただし、FMポート79.0のロゴは建物の外観に残っています)。 しかし、日本のツイッターユーザー@Soviet_Usakoによるツイートのおかげで、最近、建築の目の錯覚が新たな注目を集めています。

オンラインの反応は次のとおりです。

「ああ、新潟市は一度にたくさんの物を積み込もうとしています。」
「データチャンクを正しく読み取っていないようです。」
「スプリットマップのバグ。」
「私の脳はこれを処理できません。」
「多分建物は紙でできていると思います。」

驚いたことに、多くのネット市民は、新潟に住んでいるにもかかわらず、この角度から見たCozmixの奇妙さに気づかなかったと言っています。 国道7号線から建物を見たときに視覚効果が出ていないためか、建物の前を幹線道路が走っている。 代わりに、Cozmixの後ろを走る狭い脇道を下り、駐車場の向こう側から建物を見上げる必要があります。

しかし、ねえ、ビデオゲームのグラフィックスの不具合に相当する現実の世界を見るには、人里離れた道を離れなければならないというのは、ある意味理にかなっていますよね?

出典:ジン経由のBBビルディング
上の画像:Pakutaso(SoraNews24編集)
●SoraNews24の最新記事が公開されたらすぐに聞きたいですか? Facebookでフォローして ツイッター

日本の不可解な建物は、実生活ではグラフィックの不具合のように見えます
Source#日本の不可解な建物は実生活ではグラフィックの不具合のように見えます

Leave a Comment