日本のネチズンは、彼らが放送中の続編を望んでいるトップ20のアニメに投票します

ファンはしたい 幽霊になるのをやめなさい アニメプロデューサーによる。

マンガを原作としたアニメはヒットもミスもありますが、ヒットすると本当にヒットします。 しかし、アニメ制作会社の手に負えない状況のため、漫画シリーズ全体をアニメに変換できるとは限らないため、ファンをぶら下げてしまう可能性があります。

だから4月14日から4月21日までアニメサイトの読者 アニメアニメ 「続編が一番欲しいアニメはどれですか?」という質問がありました。 結果は、2,208票から集められたこのトップ20リストです。

20.ラスカルはバニーガール先輩を夢見ない

19.火炎ノ消防

18.クラシカロイド

17. 86-86-

16.寄宿学校のジュリエット

15.ワールドトリガー

14.私のドレスアップダーリン

13.月刊少女野崎くん

12.マギ:魔法の迷宮

11.魔女の旅々:エライナの旅

10. Re:Zero—別の世界での生活の開始

9.境界のRINNE

8.地縛少年花子くん

7.暁のヨナ

6.生まれ変わった!

5.銀魂

けれど 多摩ジン すでにアニメシリーズや長編映画がたくさんありますが、2003年から2019年にかけて連載されたマンガのすべての素材をまだカバーしていません。それは理由のためにそれほど長く続いたので、それは当然です 多摩ジン ファンはアニメのコンテンツがマンガと一致することを望んでいます。

4.足立と島村

安達としまむら 日本だけでなく海外のアニメファンにも人気があり、もっと欲しい! このシリーズは、もともと入間人間のライトノベルシリーズを原作とし、月刊マンガシリーズに連載され、2020年にアニメ化されてTV画面に登場しました。その年に公開された12話ではカバーできませんでした。すべてのライトノベル素材なので、ファンは将来もっとアニメを望んでいます。

3.やがて君になる (投票の約3パーセント)

やがて君になる 2015年から2019年まで月刊マンガシリーズとして運営され、大人気でした。 2018年にアニメが放映されたとき、大きな期待がありましたが、アニメはその美しい景色とストーリーテリングで彼らに会うことができました。 今のところ満足のいく13話が終わっていますが、ファンは残りの漫画がセカンドシーズンに放映されることを懇願しています。

2.ミリオネア探偵バランス:無制限 (投票の約5パーセント)

このアニメシリーズは、実際にはマンガではなく小説シリーズをベースにしていますが、アニメ版は彼らが本当にもっと見たいと思うほどの心を捉えています。 ファンは、探偵がハイテクガジェットを使用して、いつか現実になる可能性のある事件を解決する方法を気に入っています。 このアニメは2020年に放送が停止したため、ファンはクリエイターがセカンドシーズンを作る時期だと考えています。

1.ハイキュー!! (投票の約6パーセント)

そもそも入ってくるのは ハイキュー!!、2014年から日本のテレビで放映されています。マンガは2020年に正式に終了しましたが、アニメはまだその時点に到達しておらず、今のところシーズン4で停止しています。 それが、ファンがまだ頭の中で新鮮なうちに終わりを見るのを嫌がっている理由かもしれません!

ファンが続編を望んでいるトップ20のアニメです。 お気に入りのアニメがリストに載らなかった理由がわからない場合は、調査対象のユーザーに関する統計的な事実をいくつか紹介します。 回答者の45%が男性で、55%が女性でした。 また、参加者の約50%が19歳以下で、25%が20代であったことも注目に値します。

注目の画像:パクタソ
出典:Otaku.com、Yahoo!経由のアニメアニメ japannews

●SoraNews24の最新記事が公開されたらすぐに聞きたいですか? Facebookでフォローして ツイッター

日本のネチズンは、彼らが放送中の続編を望んでいるトップ20のアニメに投票します
Source#日本のネチズンは彼らが放送中の続編を望んでいるトップ20のアニメに投票します

Leave a Comment