日本のトップビジネスロビーは、国境管理のさらなる緩和を求めています

日本最大のビジネスロビーの責任者は月曜日に、コロナウイルスの蔓延を防ぐことを目的とした国境管理は確固たる疫学的根拠に基づいていないことを示唆し、移民手続きを簡素化することによってそれらをさらに緩和するよう政府に求めた。

経団連としても知られる日本経団連を率いる十倉雅和氏は記者会見で、来月からの1日あたりの参加者数の上限を現在の3,500人から5,000人に引き上げるという政府の決定は十分ではないと述べた。

戸倉氏は、緩和が欠如している本当の理由は、入国する人々の複雑な移民と追跡手続きにあると信じていると述べた。 彼がボトルネックと見なしていることを解決するために、ロビーの議長は政府にもっとデジタル技術を使用するように要求しました。

しかし、先週の決定は「人々が海外旅行をすることを可能にするための道を開くための第一歩」であると彼は言った。

岸田文雄首相は木曜日、国内外の産学界からの批判を受けて、政府は3月から日本の国境管理を緩和すると述べた。

新しい1日の上限内で、外国人は観光以外の目的で新たに入国できるようになります。

東京や他の多くの地域は非常事態宣言の状態にあり、都道府県の知事はレストランやバーに早めに閉店してアルコールの提供をやめるように頼むことができます。

しかし、一部の健康専門家は、オミクロンの亜種によって引き起こされた感染症の最新の再発は、1か月以上続いた後にピークに達した可能性が高いと言い始めています。

住友化学の戸倉会長も、社会的・経済的活動を制限し続ける必要性に疑問を呈し、現在の第六の感染波からの出口戦略を立案する必要があると述べた。

コロナウイルスが流行し、パンデミックがなくなったら、「それがどうあるべきかについて、できるだけ早く話し合うべきだ」と彼は言った。

誤った情報と多すぎる情報の両方の時代に、 質の高いジャーナリズムはこれまで以上に重要です。
購読することで、あなたは私たちが物語を正しく理解するのを助けることができます。

今すぐ購読する

フォトギャラリー(クリックして拡大)

。日本のトップビジネスロビーは、国境管理のさらなる緩和を求めています
Source#日本のトップビジネスロビーは国境管理のさらなる緩和を求めています

Leave a Comment