日本のコンビニエンス ストアの UX は、優れた顧客サービスの感動的な例です

シンプルなデザインは、お客様の毎日の生活をより快適にします。

日本に行ったことがある人なら、日本がいかにユーザーフレンドリーであるかに驚かれるかもしれません。 ミラーリングされたエレベーター、階段の赤と黄色のマーキング、2 つの受信機を備えた公衆電話など、デザイナーはユーザー エクスペリエンスをより楽しくする新しい方法を常に模索しており、その一例が最近ある店舗で明らかになりました。 .

▼ツイッター利用者 @A_gussan0531 彼らは、下の写真でコンビニ体験を共有しました。

写真は、ローソンのコンビニエンス ストアのカウンターに取り付けられた看板で、上から下に次の画像が示されています。 いいえを示す十字の付いたビニール袋。 箸、フォーク、スプーン。 そして電子レンジ。 画像には、上から下に次のような日本語のフレーズが添えられています。 「ビニール袋を買いに行きます。「; 「ビニール袋はいらないです。「、」お願いします“、Y”お願いします 」。

それで、それは何のためですか? さて、@A_gussan0531 が彼の写真に添えられたメッセージで言ったことを読みましょう。

「ローソンの従業員が私に何か言ったが、彼らが何を言っているのか分からなかった.
「すみません、私は難聴です」と私は言い、補聴器を指さしました。
彼らはこれの底を指差して言いました。
こんな風にコミュニケーションがとれるのは便利だなと思いました(これがよく話題のローソンです…!)」

確かに、ローソンは顧客から多くの賞賛を得ていますが、これは @A_gussan0531 が気付いていなかった顧客サービスの新たな前進であり、他のユーザーも同様にユーザー指向のサービスに驚いていました。

「なんていい考えだ!」
「これにより、お客様と従業員の両方のストレスと負担が軽減されます」
「このようなサインは、お客様が補聴器を装着するときなど、さまざまな場面で役立ちます。」
「私は耳が聞こえず、スタッフがマスクをしていると読唇術ができないので、このような看板を指さすことができるのは完璧です!」
「よく聞こえないってスタッフに言うと汚い目で見られることもあるから、これ着てみたい!」

カウンターに貼ったシンプルなステッカーが、ユーザー エクスペリエンスを大幅に向上させるとは誰が知っていたでしょうか。 これは、ストレスの多い状況を快適な状況に変えることができるシンプルなデザインを作成することで、日本が実生活で UX に優れていることを思い出させてくれます。 公衆トイレにもあるお客様目線のサービスです!

注目の画像: パクタソ
画像を挿入: ツイッター/@A_gussan0531 八間機工経由

● SoraNews24 の最新記事が公開されたらすぐに知りたいですか? Facebookでフォローして、 ツイッター!

日本のコンビニエンス ストアの UX は、優れた顧客サービスの感動的な例です

Source#日本のコンビニエンス #ストアの #は優れた顧客サービスの感動的な例です

Leave a Comment