日本のコンビニエンスストアからの新しい「ゴースト」クリームドーナツはとても良いです

ドーナツとして販売されていますが、実は他の味がします。

日本語の記者である服鳥剛は、コンビニエンスストアを出入りし、仕事の前後や愛するダイソーへの訪問の合間におやつや飲み物を受け取ります。

これは、広く宣伝されていないものであっても、新しいリリースに関しては常にトップにいることを意味します。そのため、今週は幸運にもつまずくことができました。 彼の地元のセブンイレブンでのクリームドーナツと呼ばれる卑劣な新製品

▼看板には次のように書かれています。 「メルティ! カリカリ! 店で焼いたクリームドーナツ。 限られた地域。 期間限定。”

ゴーは、地元のセブン-イレブンはもちろん、このような商品がコンビニエンスストアで提供されているのを見たことがありませんでした。また、彼女の地域でしか入手できない期間限定の商品であるという事実により、彼女はそれをテストすることにさらに興味をそそられました。

そこで彼はカウンターに歩いて行き、138円(1.21米ドル)で1つを求めました。店員がウォームアップを希望するかどうか尋ねると、答えは「ああ、そうです」でした。

家に少し歩いた後、ゴーはセブン-イレブンのテープをはがし、パッケージを開けてドーナツを見せました。 彼に初めて会ったとき、彼女の最初の反応は…

▼..。 「それはagepanのように見えます!」

アゲパン、または揚げパンは、日本で人気のある甘いおやつであり、学校給食の一部として一般的に提供され、通常は長いパンとして表示されます。 このエイジパンが丸い間、そこから発せられる揚げパンの香りが、子供の頃に食べていた学校給食に戻りました。これは確かに悪いことではありませんでしたが、「私が注文したとき、彼が期待したものではありませんでした」クリームドーナツ」。

▼2つに切ると、ドーナツではなく生クリームパンに分類されることが確認されました。

それでも、Goはそれがどのように販売されているかを特に気にしませんでした。なぜなら、彼が気にかけたのは どうやって知りましたか。 それで彼はドーナツとパンのハイブリッドの半分を口に入れました、そして彼がそれに噛んだ瞬間、彼はそれが危険な味であることを知りました。

暑かった…カリカリ…クリーミー…歯ごたえ…罪深い…甘い…そしてなんとも美味しかった。 洋風ドーナツというよりはアゲパンの味がしましたが、それがとても美味しかったです。

それは罪深いほど良かったし、ゴーはその甘く、心地よく、ノスタルジックな味にとても触発されたので、彼はそれに頌歌として3行を書いた。

「とても暑くてサクサク

ジューシーな揚げパン

少しべたつくボイルクリーム」

ああ去る詩を書くよりも、ダイソーにこだわってキャンディーを食べるほうがいいです! しかし、ゴーにインスピレーションを与えたクリームドーナツは期間限定で販売され、スタッフの話から「ゴーストドーナツ」と名付けられました。 東京の一部の地域でのみご利用いただけ、今週以降はご利用いただけなくなります

それも、 スタッフによると、これは単なるテストセールであり、全国展開する予定はないという。。 今週のセブン-イレブンの実行中はご期待ください。トライアルセールを再検討して恒久的に展開することを期待して、1日パンを購入する予定なので、そこにいる間はGoに遭遇する可能性があります。全国のお店で!

画像:©SoraNews24
●SoraNews24の最新記事が公開されたらすぐに知りたいですか? Facebookでフォローして ツイッター

[ Read in Japanese ]

日本のコンビニエンスストアからの新しい「ゴースト」クリームドーナツはとても良いです

Source#日本のコンビニエンスストアからの新しいゴーストクリームドーナツはとても良いです

Leave a Comment