日本のガチャマシンは懐かしい超小型本を販売していて、試してみました

からいくつかの小さなフラッシュバックを読んでください 昭和

日本のレトロな昭和(1926-1989)は今でも多くの人にとって懐かしい時代であり、昭和をテーマにしたカフェのような場所が今でも人気がある理由を説明しています。 最近の買い物で日本語の記者木下正美が見つけたようなヴィンテージの装身具についても同じことが言えます。

▼モデルだけでなく、実際の本です。

超小型本を売るガチャゲームでした と呼ばれる マメホン (文字通り「豆の本」として翻訳されます)。 これらは1950年代に学生の間で人気を博し、バックパックに豆の本のキーホルダーがない学生を見つけるのは難しいでしょう。

▼まさみは昭和に生まれたので、とてもワクワクしていました。

当時はクイズやファクトブックが多かったので、すぐに読めるようになっていたのですが、これらのガチャビーンの本は実は短編小説でした。 それぞれのテーマは「5分でサプライズエンディング「つまり、平均的な日本人が読むのに、各ストーリーは5分しかかからないと推定されたということです。

▼1冊500円(3.87米ドル)。

マシンの各本は異なるジャンルを表しています:「悪夢」の物語を表す赤、謎を表す青、ユーモア(またはおそらく黒のユーモア)を表す黒、悲喜劇を表す黄色。 マサミは青い謎の本に個人的に興味をそそられたので、運試しに必要な500円を用意しました。

▼これはまだ見栄えが良くありません。

しかし、最初に出てきたのは黄色い悲喜劇でした。 彼女が再試行したとき、彼女は同じ結果を得ました。

▼ネタバレ注意:彼女は青くなりませんでした。

しかし、3回目の試みは? 彼女は黒くなった。 それから彼女は赤くなった。 とても近い…しかしそれから彼女は別の赤を得た。 その時、総額2,500円を費やしてやめたと言うことにした。

▼それ自体が悲喜劇です。

写真でわかると思いますが、これらの本はそれぞれ5 x 3センチ(2 x 1.2インチ)と小さいです。 しかし、彼らの最大の魅力は、サイズにもかかわらず、フルサイズの本のように見えることです。

▼本の袖も小さい!

マサミは、本を開いて読むときに何を期待していたのかわからなかったが、最初に考えたのは…

▼「これらの文字は小さい…」

彼女はこれらの長期を読むことができるようにいくつかの拡大鏡が必要になるでしょう。 しかし、しばらくすると、彼女の目は彼女が本の1つを読むことができるように十分に調整されました。

▼30分近くの読み物です。

約束された本のタイトルのように、彼女は本を読み終えることができました 5分弱。 殺す時間が少しあるときに最適です。 彼女の唯一の不満は、これらを購入する昭和の顧客は、何らかの視覚的な援助なしではそれらを読むことができないかもしれないということでした。

▼マサミよりも運が良ければ、欲しい本を手に入れることができれば幸いです。

でも、スマホ時代以前の昭和のハンドヘルドエンターテインメントを味わいたいなら、全国の店舗でこのマシンを探してみてください!

画像©SoraNews24
●SoraNews24の最新記事が公開されたらすぐに聞きたいですか? Facebookでフォローして ツイッター

日本のガチャマシンは懐かしい超小型本を販売していて、試してみました
Source#日本のガチャマシンは懐かしい超小型本を販売していて試してみました

Leave a Comment