日本のカスタマーサービスは、不幸なタクシーに乗ってから8か月後に外国のサッカー選手を驚かせます

デンマークのサッカー選手は日本でファンを獲得しており、彼も日本の大ファンになっています

デンマークのプロサッカー選手 キャスパー・ユンカー 彼のキャリアの初期はデンマークとノルウェーのチームでプレーしていました。 しかし、2021年の春以来、彼は 浦和レッドダイヤモンズ、日本の埼玉県に拠点を置くJ1リーグチーム。

ユンカーは最初のシーズンが堅調で、16ゴールでリーグリーダーの23をそれほど下回っていませんでした。しかし、日本での最初の1年はすべて順調に進んだわけではありませんでした。 国に到着してから5か月後の2021年9月、Junkerは誤ってAirPodsをタクシーに残しました。 どうやら彼らが永久に去ったと仮定して、ユンカーは彼が再びタクシーに乗っている先週の金曜日まで、彼自身の後ろに悪化した事故を置いたようで、そして何か信じられないことが起こりました。

「8か月前、タクシーでAirPodsを紛失しました」とKasperはツイートします。 「今日、たまたま同じタクシーに乗りました。 運転手はずっと私のために彼らにぶら下がっていました、そして彼は彼らを私に返しました。 日本が大好きです。”

日本は優れた顧客サービスで定評がありますが、これは特に驚くべき例です。 まず、ドライバーがAirPodsを警察に提出しなかった理由を疑問視するコメントもありましたが、最初の機会にAirPodsをKasperに返却したという事実は、彼がAirPodsを自分で保管しようとしていないことを示しています。 それはまた、カスパーがそれらを取り戻そうとしたことは失われた原因であると考え、誰かがそれらを見つけたかどうか尋ねるためにタクシー会社に連絡しなかったことを示唆しているので、彼も警察に連絡した可能性は低い。 さらに、他のコメンテーターは、このような場合、警察は6か月かそこらの財産を見つけたままにし、その後、それを見つけた人に与えられて、彼らがやりたいことを何でもすることができると指摘しました。 やりました AirPodsを警察に提出し、他の誰も彼らを主張するために前に出てこなかった後、彼らの世話人になりました。

しかし、それは最も印象的なことではありません。 浦和レッドダイヤモンズは主要なプロスポーツ組織であり、スタジアムまで車で行き、カスタマーサービスのスタッフに「キャスパーユンカーのAirPodsを返却するためにここにいます」と言うのは難しいことではありませんでした。

それでは、これらの要素をまとめましょう。
●ドライバーはAirPodsを自分で保管したくありませんでした。
●彼は彼らを彼らの所有者に戻したかった。
●彼は彼らをチームのスタジアムやオフィスに連れて行かなかった。

唯一の説明は、ドライバーがユンカーを覚えて認識したにもかかわらず、彼が浦和レッドダイヤモンズのプロサッカー選手であるキャスパーユンカーであることを知らなかったということです。 彼は、チームからの無料チケットや、Junkerからの署名入りの盗品を報酬として期待していたため、AirPodsをポケットに入れたり販売したりする誘惑に抵抗しませんでした。 運転手にとって、ユンカーは残念ながら彼のタクシーに何かを残しただけの人でした、そして彼の行動は彼が彼のタクシーに乗った人のために同じことをしたと仮定するのは安全であることを示しています。

ソース: Twitter / @ KasperJunker
トップ画像©SoraNews24
●SoraNews24の最新記事が公開されたらすぐに聞きたいですか? Facebookでフォローして ツイッター

日本のカスタマーサービスは、不幸なタクシーに乗ってから8か月後に外国のサッカー選手を驚かせます
Source#日本のカスタマーサービスは不幸なタクシーに乗ってから8か月後に外国のサッカー選手を驚かせます

Leave a Comment