日本のオミクロンに関する厳格な入国規則は新年まで続く

岸田文雄首相は土曜日、コロナウイルスのオミクロン変異体の蔓延を防ぐために、日本は少なくとも来年初めまで厳格な侵入規則を延長すると述べた。

政府は当初、世界中の外国人の新規入国を禁止し、帰国した日本人と外国人居住者を政府指定の施設で検疫することを義務付ける規則は、年末まで約1か月間施行されると述べた。

岸田文雄は記者団に対し、オミクロンの亜種の詳細が明らかになるまで政府は規則を継続すると語った。

「年末年始(休日)以降の状況を調査する」と語った。

日本は先月末、オミクロンが世界中に広まったときに、コントロールの緩和を逆転させました。 この国は世界で最も厳しい国境政策の1つであり、原則として外国人と居住者のみが入国を許可されています。

COVID-19の症例は、8月の致命的な波以来劇的に減少しましたが、主に空港のチェックと検疫中に日本で30回以上発見されたオミクロンの亜種に対する懸念が高まっています。

しかし、12月8日にテキサスから到着した後、東京の自宅で隔離された20代の女性がオミクロンの検査で陽性を示した後、この亜種のコミュニティへの拡散の脅威が高まっています。

女性は、入国後に従うことを約束した、つまり隔離期間中に他の人と接触しないことを約束した規則に従わなかった。 それが先週2回女性を訪ねた20代の男性の感染につながりました。 金曜日にオミクロンの亜種が陽性でした。

メディアの報道によると、男は日曜日に川崎の等々力陸上競技場で行われたJリーグ天皇杯の試合に出席する2日前に熱と咳を発症し、当局に急いで連絡を取りました。試合で彼の近くに座っていた約80人とそして彼の職場の同じ階で少なくとも100人が働いています。

木曜日に、保健省のコロナウイルス諮問委員会は、遅かれ早かれ国内に広がると想定して、港と空港の保護対策を強化し、COVID-19のすべての症例の変異を検出するためのPCR検査を実施するよう政府に要請した。

これまでのところ、政府は最新の症例が地域感染の例であることを否定しており、空港での初期検査に合格したとしても、追跡可能な綿密に監視された症例であると述べています。

誤った情報とあまりにも多くの情報の瞬間に、 質の高いジャーナリズムはこれまで以上に重要です。
購読することで、あなたは私たちが物語を正しく理解するのを助けることができます。

今すぐ購読する

フォトギャラリー(クリックして拡大)

。日本のオミクロンに関する厳格な入国規則は新年まで続く

Source#日本のオミクロンに関する厳格な入国規則は新年まで続く

Leave a Comment