日本のけんか祭りでけんか勃発

ファイトフェスティバルの第一のルールは「ケンカするな!」

今年は日本各地で多くのイベントやフェスティバルが復活しました。再開されたイベントの 1 つは、 愛媛県新居浜市で毎年秋に開催される新居浜太鼓まつり. 10月15日から18日にかけて3年ぶりに開催。

多くの地元の日本の祭りと同様に、何十人もの人々が「山車」と呼ばれる大きな木製の山車を担いで街を練り歩きます。 それにもかかわらず、 「太鼓台」と呼ばれる新居浜の山車は、高さ約 5 メートル (16 フィート) で金色であるという点で少し異なります。

▼2019年に東京ドームで開催された地域特別祭に新居浜山車が登場

この祭りのもう一つの特徴は、 「レスリングフェスティバル」(喧嘩祭りlisten)), 山車同士が激しくぶつかり合うお祭りの一種. これがどのように行われるかは祭りごとに異なりますが、すべての意図と目的のために、拳の戦いは行われません.

たとえば、最も有名なレスリング フェスティバルの 1 つが神戸市灘区で開催されます。 ここでは、チームが山車を松原八幡神社のエリアに導き、お互いのダシを破壊しようとし、他のチームは長い棒で山車の転倒を防ぎます…それとも「長い棒で他の山車をひっくり返す」のですか?

▼これは、実際のルールのないサンダードーム型のものである可能性があります.

祭りの軽薄さと戦う別のスタイルは 2つのチームがそれぞれ浮き輪を持って、できるだけ速く激しく競争する「はちあわせ」. 特にNFLファンはこれを楽しむでしょう。

▼ 同じく愛媛県松山の郷土祭りで、今でも味わい深い八合わせが作られています

新居浜太鼓まつりは12年前に鉢合わせを廃止し、だんだんと離れつつありますが、けんか祭りからけんかは取れても、けんか祭りは・・・けんかとかできないみたいですね。それ。

ポイントは、 今年は、イベント中にパレードと観客の間で定期的な戦いがありました また、ビールの空き缶を人に投げつけたり、誰かが子供を肩に乗せて喧嘩したりするなどの攻撃的な行動がビデオに捉えられました。 地元の警察と消防署は、3 日間で 30 人が病院に運ばれたと報告した。

▼完全な八合ではありませんが、新居浜太鼓まつりでは意図的に低速で山車同士が衝突します

比較のために、過去のフェスティバルのニュースレポートを確認すると、実際の戦いによる入院についての言及はないようです. 2018 年のこのビデオでさえ、同じ 2 つのグループの人々がフロートに体当たりしていることを示しています。 奇妙なことに、このカオスのスライスは、比較すると実に整理されているように見えます。

▼突進は7分半頃から

したがって、今年の事件は、この戦いの祭典での暴力行為の増加を示しているように思われます. これは、喧嘩に巻き込まれることを心配することなく、家族を連れて高度に装飾されたフロートを見たいと思っている住民を落胆させました.

たぶん、それはパンデミックで失われた時間の副作用であり、誰もが溜め込んだ情熱が制御不能になっている. もしそうなら、来年の新居浜太鼓まつりで事態が収束することを期待できるので、初めて格闘フェスティバルに参加する場合は、戦う必要はありません.

出典:FNNオンライン
トップ画像:ぱくたそ
● SoraNews24 の最新記事が公開されたらすぐに知りたいですか? Facebookでフォローしてください。 ツイッター!

日本のけんか祭りでけんか勃発

Source#日本のけんか祭りでけんか勃発

Leave a Comment