日本のかつての日本酒醸造所は、これが一体何であれ、新しい生活を送っています。

日本で訪問する奇妙な場所をお探しですか? このスポットはすべてのボックスをチェックします。

先日、日本語記者の砂駒正貫が運転していた 越生町埼玉県、道端に沿って彼を迎えるために好奇心旺盛な場所が現れたとき。

それはのように見えました 、または 工場、または多分 遊園地。 考え直してみると、3つすべてのように見えました。 バックミラーの不思議なシーンがどんどん小さくなっていく中、マサヌキはそれについて疑問に思うのを止められなかったので、彼はどんな良いレポーターがするであろうことをしました。 彼は車を右に向け、調査のために戻った

私道エリアに引っ張ると、マサヌキのカーナビゲーションシステムは彼がのサイトに到着したことを彼に伝えました 旧越生酒蔵。 案の定、彼が車から降りたとき、彼は「大越生酒醸造所」。

しかし、彼はその看板を見てすぐに、その周りに何があるかに気づきました。 さびた塔の中には、 マジンガーZ、そしてその下には、19世紀の著名な日本の農業指導者の小さな像があります。 二宮尊徳

彼はこれまでにこんなに多種多様なキャラクターを一緒に見たことがなく、看板の裏側を見ると、それは野生の集まりの始まりに過ぎなかったことがわかりました。

マリンちゃん から うみものがたりパチンコスロットマシン 上に立った キン肉マン

敷地内をさまよいながら、まさぬきは市役所に電話をかけて、何を見ているのか、なぜそこにあるのかを尋ねた。 彼が話をした人は、サイトの所有者は単に 趣味で懐かしいキャラクターや看板を展示。 「詳細はわかりませんが」と彼らは言ったが、それは地元の有名な場所のようなものであり、同じ所有者が町の別の場所に同様のスペースを作成したことを明らかにした。

▼ここの遺物から判断すると、オーナーは確かにあらゆるものに幅広い愛情を持っています。

敷地はかなり広く、まさぬきさんが訪れたときは周りに人がいなかったので、特に人のように見えるものを横切ると、後ろの方が少し不快に感じましたが、よく調べてみるとなれ…

▼…オーストラリアのサンタさん?

▼あるいは、雪に身を包んだヴィム・ホフかもしれません。

マサヌキの心を揺さぶったのは、かつて子供たちに喜びをもたらしたこの甘い動物のコレクションでした。 昭和遊園地の電気乗り

現在、これらの動物への動きはありませんでした、そして、時間内に凍っているように見えたもう一つは、マサヌキの魂を見つめたこのピーターラビットのように見えました。

エナメルの看板は昭和時代の懐かしさを感じさせ、野外博物館のような雰囲気を醸し出しています。

しかし、その後、マサヌキの目は、この古い煙突の上部近くに何かがおかしいと感じました…

▼…スパイダーマン?!?

空でスーパーヒーローを見つけた後、マサヌキはもう一度地面に視線を向けましたが、この不安な人物のコレクションを見つけるだけでした。

マサヌキが訪れたとき、周りには人間がいなかったかもしれませんが、彼はどこへ行っても彼の目を確実に感じることができました。 寒気が背骨を下っていくと、マサヌキは急いで車に戻り、この奇妙な夢の世界から逃げ出し、彼を飲み込んで永遠にそこに留めました。

マサヌキがこれまで訪れた中で最も奇妙な場所の1つであり、魚居が海を見下ろすこのような奇妙な場所を以前に訪れたことがあることを考えると、それは何かを言っています。

サイト情報
旧越生酒造/立越生酒造
住所:越生町越生町入間郡埼玉県851
埼玉県入間郡越生町越生851

写真©SoraNews24
●SoraNews24の最新記事が公開されたらすぐに聞きたいですか? Facebookでフォローして ツイッター
[ Read in Japanese ]

日本のかつての日本酒醸造所は、これが一体何であれ、新しい生活を送っています。
Source#日本のかつての日本酒醸造所はこれが一体何であれ新しい生活を送っています

Leave a Comment