日本の「キング・オブ・ディールズ」が円の逆風で最大の買いを準備

ミネベア ミツミの最高経営責任者(日本では「キング オブ ディール」と呼ばれる)は、これまでで最大の買収を目指している。

東京に本拠を置くボールベアリングと高精度部品のメーカーは、今後数年間で売上高が 3,000 億円 (21 億ドル) 以上の会社を買収する市場に参入していると、66 歳の海沼義久 CEO はインタビューで語った。

誤報と情報過多の時代に、 質の高いジャーナリズムがこれまで以上に重要になっています。
購読することで、ストーリーを正しく理解するのに役立ちます.

今すぐ登録

写真ギャラリー(クリックして拡大)

.日本の「キング・オブ・ディールズ」が円の逆風で最大の買いを準備
Source#日本のキングオブディールズが円の逆風で最大の買いを準備

Leave a Comment