日本とフランスは今月後半に「ツープラスツー」安全保障協議を開催する

日本とフランスは、1月中旬に東シナ海と南シナ海での中国の断定的な領土主張と北朝鮮の核とミサイルの開発に焦点を当てた仮想閣僚安全保障協議を開催する予定であると日本政府筋は述べた。

両国の国防相と外相は、いわゆるツープラスツー協議の後に文書を発表することが期待されている。これは、前回の会合が2019年1月にフランスで開催されて以来初めてのことである。

双方は、特に金曜日に北朝鮮が10日間で3番目の明らかな弾道ミサイル発射となったものを実行した後、インド太平洋における軍事的脅威に対する対応能力を高める方法について話し合う可能性が高い。

情報筋によると、中国の海事に対する積極性の高まりが懸念される中、日仏の閣僚は、「自由で開かれたインド太平洋」を達成し、防衛協力を深めるための調整を確認することが期待されている。

今後の会談では、林芳正外相と岸信夫国防相、そしてそれぞれのフランスのカウンターパートであるジャン=イヴ・ル・ドリアンとフロランス・パルリが参加する。

東京とパリは当初、2021年末までに日本で対面式の2プラス2の会議を開くことを計画していましたが、最近、伝染性の高いオミクロンの急速な普及によって引き起こされたコロナウイルスのパンデミックのために延期されました。 変異体。

日本とフランスは、2014年の最初のセッション以来、一般的に交代でそのような会議を主催してきました。

岸信夫| スイミングプール/ロイター経由

今月初め、日本とオーストラリアは、相互アクセス協定と呼ばれる防衛協力協定に署名しました。これは、共同訓練と災害救援活動のための武器と物資の輸送の制限を緩和します。

日本を「特別なパートナー」と呼ぶフランスは、東京がインド太平洋地域に海外領土を有する欧州諸国との海上安全保障関係を強化していることから、日本とのこのような協定に署名したいという希望を表明した。

東京は、ますます強引な中国に対応して、英国やドイツなどの欧州諸国との防衛協力を強化しており、フランスのジャンヌダルク訓練艦隊は昨年5月に日本に寄港した。

日本とフランスも、米国とオーストラリアとともに合同演習を行っています。

誤った情報と多すぎる情報の両方の時代に、 質の高いジャーナリズムはこれまで以上に重要です。
購読することで、ストーリーをよく理解するのに役立ちます。

今すぐ購読する

フォトギャラリー(クリックして拡大)

。日本とフランスは今月後半に「ツープラスツー」安全保障協議を開催する

Source#日本とフランスは今月後半にツープラスツー安全保障協議を開催する

Leave a Comment