日本で最も珍しいATM? あなたのPINを知りたい妖怪精霊との銀行

銀行は、この地域の卑劣な魂について顧客に警告する独自の方法で賞賛を得ています。

マンガやアニメのキャラクターが存在するずっと前に、別のキャラクターのセットが日本の人々の想像力を捉えました。 として知っている 妖怪、これらの幽霊とゴブリンは、 時々不気味しばしば注意そして常に説得力のある、そして彼らは時代を超越しているので、今日でも人々の意識に浸透しています。

これらの妖怪が集まることが知られている場所の1つは、 境港、 の 鳥取県。 ここでは、800メートル(0.5マイル)の道路に沿って、彫像の形で約150本の道路があります。 水木しげるロード

これはあなたも見つける場所です 国内で最も珍しいATMの1つ、これは 茅葺き屋根の古い民家のようなスタイル、しかしそれはその多くの珍しい機能の始まりにすぎません。

よく見ると、建物の外の窓に白い提灯がぶら下がっています。 この提灯は提灯お化けのようにデザインされています。 提灯妖怪、そしてその下部に見られる亀裂は実際にはその口です。

この提灯の近くを歩いたり、前の木製のベンチに座ったりすると、びっくりします。 片目のゴブリンの子供、モーションセンサーを介してウィンドウ内に表示される人。

ただし、ここで最も珍しい機能の1つは、入り口のそばにある看板です。これには、ATMを使用している人々への重要なメッセージがあります。

▼「ATMの周りで妖怪に頼まれても、暗証番号は絶対に明かさないでください。」

これは、セブン銀行と連携してATMを運営している鳥取銀行にとって、見知らぬ人に暗証番号を明かさないように人々に思い出させるための斬新な方法です。 一部の妖怪は人間の形をとることが知られています

残念ながら、一部の年配の顧客は、現実の世界でしゃべる詐欺師にPINを渡すことが知られているため、このようなサインは、オンラインで一般の人々から賞賛されている非常に高く評価されているジェスチャーです。

それは元居住者から承認の印を受け取ったであろう動きです、 ミズキ、水木しげるロードにちなんで名付けられました。 そもそも妖怪がここに存在するのは、彼が創作した妖怪を日本の昔話から現代世界へと、というシリーズで運んできた理由です。 ゲゲゲの鬼太郎、1960年にマンガとしてデビューし、8年後にアニメとしてデビューしました。

今日、ミズキの妖怪キャラクターは駅の外にある巨大な看板に誇りを持っています。

妖怪をテーマにしたATMが建設されてから3年後の2015年、93歳でミズキが亡くなりました。妖怪のキャラクターは、今日、そして未来の世代のために愛され、生き続けています。

ですから、次回、砂丘やコナンタウンのない鳥取県で訪れる場所を探すときは、水木しげるロードを旅程に追加することを忘れないでください。 そして、あなたがその地域にいるとき、あなたのPINを知りたがっているかもしれないそれらの生意気な妖怪に目を光らせておいてください。

ソース: Twitter / @ pepin0323Twitter / @ shidaeu NetLab経由
上の画像: Twitter / @ pepin0323
画像を挿入:Twitter / @ petin0323、Twitter / @ shidaeu
●SoraNews24の最新記事が公開されたらすぐに聞きたいですか? Facebookでフォローして ツイッター

日本で最も珍しいATM? あなたのPINを知りたい妖怪精霊との銀行
Source#日本で最も珍しいATM #あなたのPINを知りたい妖怪精霊との銀行

Leave a Comment