日本で最も無意味な道路標識が発見され、インターネットの感覚が失われました

うーん…群馬県ありがとう

良いドライバーであることの一部は注意を払っています 道路標識。 もちろん、看板やその他の広告はスキップできますが、政府が設置した標識は、制限速度、交差点や車線の合流の事前通知、急勾配や急カーブに関する警告などの重要な情報の重要な情報源です。

だから、当然、日本のツイッターユーザーが @ Ssax_s1006s 外に出て、彼らは目をむいておくようにした。 @ Ssax_s1006sがこの兆候に遭遇したとき、その勤勉さが報われたかどうかについては議論の余地があります。

▼「群馬で何の情報もない看板を見つけました。」

日本でも数少ない内陸国のひとつである群馬県は、全体的にかなり田舎で、 あがつま@ Ssax_s1006sがこの写真を撮った場所は、これらの基準でも眠い場所です。 看板に「少し誇張された情報は何もない」と言うと、 アイテム します 都道府県道375号線にいることを教えてください。それがあなたが得ている唯一の情報です。。 道がどこに向かっているのか知りたいですか? 今後の交差点? 文字通り「これは都道府県道375ですか?」以外のもの頑張ってください。 あなたはそれらの秘密のために誰か他の人を悩ませなければならないでしょう。

▼都道府県道375号線のクローズアップ

さて、一方では、アガツマが標識を付けるための道路、ランドマーク、アトラクションがこれ以上ないことに責任があるわけではありません。 しかしその一方で…サインがほとんど言うことがないのなら、なぜそもそもそれをわざわざ立てるのですか?

これは、コメント投稿者が理解しようとしている質問であり、いくつかの理論やその他の反応が含まれています。

「つまり、道路は道路です。 ガッチャ。」
「…この道はどこへ行くの?」
「ねえ、まっすぐ進み続けなさい。 そこに着くと、それがどこに向かっているのかがわかります。」
「迷わないで! 前進し続けるだけで、すべてが明らかになります!」
「看板にこんなに豊かな青い野原を見たことがありません。」
「なんて珍しい。 完全な兆候に成熟する前の、幼虫期の兆候です。」
「何かが起こったように感じ、その地域にあったものがすべて消えてしまったので、それは一種の恐ろしいことです。」

そのままでは、道路の運転手がすでに走行している道路の名前を思い出させる以外は何もしていません。どういうわけか忘れてしまった場合に役立つと思います。 コンプライアンスの問題かもしれません。たとえば、特定のキロメートルごとに位置情報を記載した標識が必要な条例があるため、実際には何も言えなくても、この場所の周りに何かを配置する必要がありました。

まあ、その存在の理由を理解するのは難しいですが、少なくともそれが言っていることは、私たちが最近見た他のいくつかの兆候よりも理解しやすいです。

ソース: Twitter / @ Ssax_s1006s おたこむ経由
画像:Twitter / @ Ssax_s1006s
●SoraNews24の最新記事が公開されたらすぐに聞きたいですか? Facebookでフォローして ツイッター

日本で最も無意味な道路標識が発見され、インターネットの感覚が失われました
Source#日本で最も無意味な道路標識が発見されインターネットの感覚が失われました

Leave a Comment