日本で最も恐ろしい公園の滑り台の1つを下る旅【ビデオ】

6歳以上のお子様におすすめ!

ほとんどの場合、日本の公園には、ブランコ、滑り台、砂場など、他の国で見られるものと同様の遊具があります。 ただし、時々遭遇するややユニークな機能は、 ローラースライド

▼ローラースライド

平らな面の代わりに、ローラースライドは長い一連の 金属ローラー、スライドの傾斜がそれほど急ではない場合でも、前後に移動し続けることができるようにします。 多くの場合、ローラースライドはゆっくりとしたリラックスした乗り物で、周囲の景色をのんびりと眺めることができます。 神野森公園 愛媛県。

日本のTwitterユーザー @wakadanna_coo 最近、町の山にある公園を訪れました 伊予。 スライドの上部には、2つの安全上の注意事項が記載された標識があります。 ライダーは、立ったままローラーに足を踏み入れると天びんを使用する可能性があるため、乗車を開始する前に着席するように求められます。 2つ目のルールは、6歳未満のライダーには、両親または保護者の同伴が必要です。 言い換えれば、6歳以上の子供は一人で乗ることができるので、@ wakadanna_cooのような大人の大人にとって、これはそれほど怖いことではありませんよね?

違う。

▼「田舎ではこのスライドを完全に過小評価していました…」

摩擦を減らすために足を持ち上げる、@ wakadanna_coo 驚くほど短い時間で驚くほど速い速度に達する、しかし、ライダーが飛び去るのを防ぐために、スライドの周りにネットがあります。 残念ながら、ネットは植物を締め出していません、そして彼がカーブを回るとき、 突然、彼の道にたくさんの枝と葉があります

「すごいすごい!」 私は叫び声を上げますが 彼に対する自然の攻撃はまだ始まったばかりです。 スライドの中央のセクションには網がなく、彼が開いたセクションに到達すると、植物は彼が急いでいる道を完全に大きくしすぎました。

▼うん、これはまだスライド上にあります!

事態をさらに悪化させるのは、 いくつかの植物には、ある種のバリやステッカーがあります、そして残念ながら、@wakadanna_cooはこの日にショーツを着用することを選択しました。

▼それらの数は、@wakadanna_cooが言う回数とのみ一致します 「イタイ!!」 (「痛い!」)そして 「やばい!」 (「良くない!」)彼の乗車中。

ビデオを見ると、スライドの最上部と最下部の植物はかなり最近トリミングされたように見えますが、中央のセクションでは長い間植生が削減されていません。 Googleマップで公園をざっと見てみると、スライドの中央部分が歩行者のアクセスできないエリアを越えていることがわかります。

公園のその部分のオッズはそれほど優先度が高くないので、スライドは楽しいように見えますが、恐ろしい方法で、自分でチェックすることにした場合は、ロングパンツがおそらく最も賢いワードローブの選択でしょう。

公園情報
神の森公園/神の森公園
住所:愛媛県伊予郡戸部町宗津117
愛媛県伊予郡砥部町総津117
Webサイト

ソース: Twitter / @ wakadanna_coo ITメディア経由
画像:Twitter / @ wakadanna_coo
●SoraNews24の最新記事が公開されたらすぐに聞きたいですか? Facebookでフォローして ツイッター

日本で最も恐ろしい公園の滑り台の1つを下る旅【ビデオ】
Source#日本で最も恐ろしい公園の滑り台の1つを下る旅ビデオ

Leave a Comment