日本で最もパンクロックなキャンディーストアは東京にあります

所有者は簡単に周りの最もクールなピエロです。

先ほどお伝えしたように、日本の長年のパフコーンスナックうまい棒は、42年ぶりに10円から12円(0.09米ドル)に値上げしました。 4月1日に値上げが実施された後、うまい棒のメーカーは、ご不便をおかけし、ファンの皆様のご愛顧に感謝する一連の新聞広告をリリースしました。

各広告には、変更の影響を最も受けた人々、子供、キャンディーストアの所有者からのサポートのメッセージが掲載されていましたが、特に群衆の中で目立ったものがありました。

このピエロはすぐには多くの人に認識されないかもしれませんが、彼のバンドは ニューロティカ 90年代のポップパンク全盛期にかなりのスプラッシュを作りました。 彼らの曲は本当にキャッチーだったので、正当な理由もあります。 芸名あっちゃんも通うボーカリスト敦

数十年後のうまい棒広告での彼の存在は、カップヌードルのような意図的に奇抜な前後関係のないギャグの1人のように見えるかもしれませんが、 敦のスナックやキャンディーとのつながりはさらに深くなります

ボーカリストは文字通り、1951年に東京の八王子に家族が設立したキャンディーストアで子供の頃に育ちました。 the ふじや ミルキーを作る「フジヤ」とは繋がっていないが、キャンディーを販売しているキャンディーストアは、71年経った今でも存在している。 それを訪れると、暖かい笑顔で年上の紳士に迎えられ、彼の分身がパンクのピエロの王子であるとは知らないかもしれません。

藤谷前の敦(中央)

1998年、敦の父が亡くなり、家業を引き継ぐことにした。 しかし、彼はミュージシャンとしても非常に活発であり、月に数回ライブを続けています。 両方のキャリアを等しく真剣に受け止め、彼は地元コミュニティの柱として、そして全国の音楽ファンからの賞賛を楽しむユニークな立場にあります。

ニューロティカ

ニューロティカのファンは、敦に会うことを期待して藤谷に来ることが多く、キャンディーの棚の中でコンサートDVDを購入することもできます。 一方、定期的にキャンディーを購入している子供や祖父母は、地元のキャンディーマンをテレビで見るといつも嬉しい驚きを覚えます。

八王子エリアの敦のPRソングをフィーチャーしたTVセグメント

しかし、パンデミックは両方の事業で困難でした。 もちろん、過去2年間でライブを行う機会は大幅に減少しましたが、それに加えて、藤谷のような地元の独立したキャンディーショップは、フェスティバルの主催者による一括購入から多くの収入を得ています。 イベントがなければ、同じくらい多くのキャンディーを売ることも難しくなりました。

それでもなお、敦は頑張っており、両事業ともまだまだ順調に進んでいます。 パンデミックの間、彼はまた優雅に解放しました あちゃん、YouTubeでの彼の人生についての2015年のドキュメンタリー。無料で英語字幕付き。

彼の仕事は両方とも、長寿と忍耐力の証です。 それで、彼がうまい棒に彼のサポートを貸して、古典的なスナックが「みんな一緒にそこにぶら下がろう」と答えるとき、それは平均的な広告より少し深くヒットします。

店舗情報
藤谷/藤屋
本町八王子市東京都3-9
東京都八王子市本町別9
Webサイト

出典:PR Times、Hot Pepper、New Rote’Ka
画像:PRタイムズ
●SoraNews24の最新記事が公開されたらすぐに聞きたいですか? Facebookでフォローして ツイッター

日本で最もパンクロックなキャンディーストアは東京にあります
Source#日本で最もパンクロックなキャンディーストアは東京にあります

Leave a Comment