日本で新たに確認された扁形動物の種は、人々にタコのウィンナーを思い出させています

ウィーナーの類似性は、査読済みのレポートには含まれていませんでした。

自然は本当に不思議です。私たちが何年にもわたって蓄積してきたすべての知識にもかかわらず、まだ 500 万種以上の動物が存在すると考えられています。 これまでに見つけたものの中には、クールなものもあれば、悲劇的なものもあり、小さなホットドッグのように見えるものさえあります.

▼「リトルホットドッグ」前線の報道、35秒あたりで並べて比較

上に見える小さなタコのような生き物は、日本語でヤマタロ ヤドリツツノムシと呼ばれる新種であると考えられています ここで「ヤドリツツノムシ」は英語の属名テムノセファリダエを指します。 ヤドリツツノムシはタコではなく扁形動物ですが、甲殻類の甲羅にしがみつくように吸盤付きの太い触手が5本あります。

なぜ彼らがこれを行うのかは完全には明らかではありませんが、宿主動物に害を与えているようには見えないため、ヤドリツノムシは寄生虫ではなく共生生物と見なされています. 本属は東南アジアやオーストラリア周辺の海域に多いが、22年ほど前に鹿児島県の淡水域でも発見された。 今、 鹿児島大学の研究チームは、ヤマタロウヤドリツノムシの生殖器官が他のヤドリツノムシ属とは異なり、独自のユニークな種であることを発見しました.

これは生態学をよりよく理解するための素晴らしいニュースですが、メディアの報道は次のことに焦点を当てています。 これらの小さなワームはタコのウインナーにどのくらい似ていますか. カクテルウインナーの端を切って触手を作った子供弁当の定番です。

▼居酒屋は少し違うサービスを提供していることがわかりました

似ているというコメントはまちまちでしたが、ほとんどの場合、彼らはちょっとかわいいと同意しました.

「タコじゃないの?」
「彼らは驚くほどかわいいです。」
「タコのウインナーの幼虫」
「見た目では何だか分からなかったけど、ワームの一種です」
「こんな動物がいることに驚いた」
「イカのウィンナーに少し似ていますが。」
「じゃ、ヤマタロウやどりつの蒸しウインナーと言うべきか」
「見た目はあまりウインナーに似ていませんが、似ていますね」

多くのコメントは、実際には、さまざまな海の生き物の形をしたパフ ポテト クラッカーのブランドである Ottotto に似ていると示唆していました。 やまたろうやどりつのむしが似ているのはおそらくイカで、動物の白と黄色の色はクラッカーの黄色がかった色合いに実際によく似ています.

これらの動物が最も似ている食べ物に関係なく、それらはエキサイティングな発見です. 研究チームのリーダーである上野大輔准教授は、それらはきれいな水にしか見られず、それらの存在が水質を検出する簡単な方法になる可能性があることを示唆していると述べました. ウインナーやクラッカーがそうするのを見てみましょう。

出典:鹿児島大学、NHK、八間機工
写真 © SoraNews24
● SoraNews24 の最新記事が公開されたらすぐに知りたいですか? Facebookでフォローして、 ツイッター!

日本で新たに確認された扁形動物の種は、人々にタコのウィンナーを思い出させています
Source#日本で新たに確認された扁形動物の種は人々にタコのウィンナーを思い出させています

Leave a Comment