日本で大人気のハムスター「モナカ」がカプセルトイになって登場

食べられない場合は、 それらを使用する.

創業120年の京都のパン屋「青木光悦堂」のハムスターの形をしたもなかが大人気。 発売から1年以上経った今でも売り切れ必至。 有効期限のないバージョンが登場! 日本のカプセル玩具会社たまきゅうは、青木光悦堂と提携して、店のハムスター型のスナックの形をした食べられないカプセル玩具を作成しました.

▼ハムスターが冬に向けてナッツを買いだめする秋に間に合います!

これらは もなかハムスター カプセルトイ、価格はそれぞれ 300 円 ($2) で、10 月 28 日に発売され、日本中のおもちゃのカプセル マシンで見つけることができます。 それぞれの中にクルミ型のブローチが入っているので、小さなお友達とお揃いにできます。

▼どんなスタイルを選ぶ?

プレーンとチョコレートの 2 つのスタイルに分かれた 6 種類のおもちゃがあります。 2 つのスタイルのハムスターの外観の唯一の違いは、目と耳が「チョコレート ペン」で塗りつぶされていることです。もちろん食べられません。 しかし、単純なものは、もなか食用ハムスターに最もよく似ているハムスターです.

▼あなたはアーモンドハムスター派ですか、それともカシューハムスター派ですか?

その上に、各ハムスターはクルミ、カシュー、またはアーモンドを持っています。 本物のもなかのようにハムスターを開くことができ、中には付属のブローチが入っています。 食べられるスナックなど、他のものの保存にも使用できますか?

たまきゅうがツイッターでキャンペーンを実施中、 また! たまきゅうのTwitterアカウントをフォローし、下記リンク先のキャンペーンツイートをリツイートすることで、もなかハムスターのカプセルトイ一式が当たる抽選に応募できます。 応募は11月4日17時まで。

出典:PRタイムズ、 ツイッター/@TAMAKYU_CP
画像:PRタイムズ

日本で大人気のハムスター「モナカ」がカプセルトイになって登場

Source#日本で大人気のハムスターモナカがカプセルトイになって登場

Leave a Comment