日本では、高齢者でも飲み会への同僚のサポートが急速に低下している【調査】

パンデミックはより多くの人々が考えている 彼らは彼らと一緒に働くために人々と一緒に飲む必要はありません

今日の世代にとって、日本の日常生活はパンデミックの時ほど混乱したことはありません。 したがって、予防接種の数が増え、感染の数が減り、人々が徐々に生活を再開し始めると、問題は、どの側面が戻ってきて、どの側面が永遠に消えていくかということです。

そして、ますます多くの人にとって、それは 彼らは永遠に消えたものの山に「同僚と飲みに行く」を投げて喜んでいるでしょう

日本生命保険株式会社ニッセイとしても知られる、は最近、彼女の年次調査シリーズの最新の結果を発表しました、そして質問の1つはについてでした “指名”。 日本語のマッシュアップ 「名前」 (「飲み物」)と英語 “コミュニケーション、” 指名はの社会的慣行を指します 特に同じオフィスで働く人々の間で、抽象的な非公式のコミュニケーションを促進し、友情の感覚を生み出すために誰かと飲みに行きます

指名は伝統的に一日の終わりに行われ、通常は上司やマネージャーが率いる同僚が、オフィスから帰る途中に居酒屋のバーやパブに立ち寄ります。 しかし、パンデミックの最中、日本では多くの人が自宅で仕事をしているため、指名セッションは中断されており、日本生活調査の参加者の多くはそれらをまったく見逃していません。 7,775人の回答者のうち、 61.9%が指名は不要だと考えており、2020年の調査の繰り返しより16.2%多い

▼これらの人は、他の人と一緒に飲むことを好むかもしれませんし、一人で飲むことを好むかもしれません…あるいはまったく飲まないかもしれません。

女性は特にその考えに消極的でした、 と 67.8パーセント と比較して、彼らは指名なしで大丈夫だと言っています 男性の55.8パーセント。 しかし、態度の変化は男性の間でより急速に起こっているようです。 男性の数字は前年比18.2%増加し、女性の変化は2倍になりました。

反指名態度 それは単なる若者の運動ではありませんまた、少なくとも調査参加者の間では。 年齢層別に並べ替えると、さまざまな人口統計がかなり同等のレベルの反対を示しま​​した。

推薦が不要だと思う回答者の割合:
●29歳以下:66.1パーセント
●30歳から39歳まで:60.2パーセント
●40〜49歳:62.5パーセント
●50〜59歳:60.4%
●60歳以上:63.7パーセント

これらの数字はすべて昨年に比べて増加しており、最も驚くべきことはそれです 増加が最も大きかった年齢層が最も古く、60歳以上の人が昨年に比べて指名の必要がないと答えた人が21.1%増えました。

尋ねられたら なぜ彼らは指名が好きではないのですか、最も一般的な回答(回答者の36.5%から)は 「きをつくう」しなければならない 「気持ちを使う」を直接意味する日本語のフレーズで、他人の気持ち、意見、ニーズを熱心に認識し、注意を払うことを指します。 もちろん、の概念 きをつくう それはすでに日本の文化的価値観に組み込まれており、一般的には高潔で成熟した、立派な行動方法と見なされています。 しかし、長い勤務シフトの後、当然のことながら、多くの人々はリラックスして自分のニーズに対応する気になり、パブで数時間過ごして、おそらくすでに十分以上のものを見た同僚とうまく遊んでいません1日。 。

▼「…なに? そうそう、あなたは正しい、サタンさん。 田中さんはあなたの謝罪プロジェクトを台無しにしたことで完全に有罪であり、彼女があなたに謝罪する義務があることに同意します。」

同様に、指名に反対する2番目の理由(29.5%)は、 参加は必要に応じて見られることが多いため、就業日の延長のように感じます、それが公式に述べられていなくても。

柵の向こう側 指名は必要な社会的交流であると今でも考えている人々の中で、最も一般的な理由は「人々の本当の考えに耳を傾け、友情を築く」ことでした。 (57.6パーセント)。 強い意見を直接表明することは、日本では軽率または失礼と見なされることが多く、多くの日本の職場では、誰もが大きなテーブルの周りに座って仕事をしているオープンオフィスのレイアウトが控えめな会話を難しくしています。 支持者によると、指名のよりリラックスした雰囲気は、同僚がより自由に話すのに役立ちます。 20代と30代のプロノミネートグループの最年少メンバーの約40%は、飲酒セッションは同僚に仕事関連の問題についてアドバイスを求める機会を与えるとも述べています。、おそらくオフィスの公式で正式な環境よりも主題にアプローチする方が簡単です。

指名に対する支持のレベルはまだ重要ではないので、すぐに日本の労働文化から完全に消えることはないでしょう。 しかし、過去1年半の間に、何人かの日本人労働者が指名休憩を楽しんでおり、彼らの多くは指を交差させ続け、彼らが毎日再びオフィスを行き来する場合、帰路はあなたがする必要はないでしょう。パブに立ち寄ってください。

出典:共同通信、八馬木子、日本生命保険
表紙画像:パクタソ(SoraNews24編集)
画像を挿入:パクタソ(1、2)
●最新のSoraNews24の記事が公開されたらすぐに知りたいですか? Facebookでフォローして ツイッター

日本では、高齢者でも飲み会への同僚のサポートが急速に低下している【調査】

Source#日本では高齢者でも飲み会への同僚のサポートが急速に低下している調査

Leave a Comment