日本が5つの都道府県でCOVID-19準緊急事態を解除

政府は金曜日に専門家から承認を受け、日曜日に期限が切れる5都道府県のCOVID-19準緊急事態指定を終了し、他の17都道府県の措置を3月6日まで延長する計画について承認を受けた。

政府は金曜日の後半にこの計画を正式に採択する予定であり、これにより準緊急リストのエリア数が国の47都道府県のうち31都道府県に減少する。

計画では、山形県、島根県、山口県、大田県、沖縄県の準緊急指定が解除され、北海道、大阪など16県の指定が2週間延長される。

和歌山県は、2月27日の有効期限を過ぎてさらに1週間、準緊急段階にとどまります。

東京、新潟、愛知、高知を含む他の14都道府県は、3月6日まで準緊急事態リストに残ります。

準緊急事態の都道府県では、知事はレストランやバーに営業時間の短縮や飲酒禁止などの措置をとることが認められています。

誤った情報と多すぎる情報の両方の時代に、 質の高いジャーナリズムはこれまで以上に重要です。
購読することで、あなたは私たちが物語を正しく理解するのを助けることができます。

今すぐ購読する

フォトギャラリー(クリックして拡大)

。日本が5つの都道府県でCOVID-19準緊急事態を解除
Source#日本が5つの都道府県でCOVID19準緊急事態を解除

Leave a Comment